最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。 | トップページ | Brad Mehldauの新譜のリリースを前に,古い音源を。 »

2018年5月16日 (水)

英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」

「バリー・シール:アメリカをはめた男("American Made")」(’17,米/日)

American_made監督:Doug Liman

出演:Tom Cruise,Damhnall Gleeson, Sarah Wright, Jesse Plemons

英国出張の往路で見た2本目がこの映画である。Tom Cruiseも多作の人であるが,まぁ,それにしてもいろいろな役柄をこなす人である。それ以上に,この映画の主人公であるバリー・シール(Barry Seal)が実在の人物であったということ自体が信じがたい事実であるが,それでもこれがほぼ実話だというのだから,アメリカも無茶苦茶な国である(笑)。

Tom Cruiseはカッコいいんだか,情けないんだかよくわからない人物を演じて,結構笑わせてくれるが,この映画は時代背景を理解して見ると,更に面白いものかもしれないと漠然と思っていた私である。逆に言えば,背景を理解しているか,いないかでこの映画に対する感覚が全く違ってしまうんだろうとも思わせる映画であった。日本人としては,こうした時代背景を認識することは難しいということで,エンタテインメントとしてはそこそこ見られても,なんだか無茶苦茶だなぁって感想に落ち着いてしまうかもしれない。まぁ,最後は因果応報ってことになるのだが。星★★★。

尚,IMDbによれば,この映画,米日の合作となっているのだが,誰がスポンサーなのかと思ったら,電通の名前が...。へぇ~と思ったり,ほんまかいなと思ったり。

« Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。 | トップページ | Brad Mehldauの新譜のリリースを前に,古い音源を。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66716836

この記事へのトラックバック一覧です: 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」:

« Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。 | トップページ | Brad Mehldauの新譜のリリースを前に,古い音源を。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作