2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Jack Wilkinsの初リーダー作:こんなものまで廉価盤で出ていたとは...。 | トップページ | 遅くなったが,Adam Rogers Dice@Cotton Club参戦記。 »

2018年5月31日 (木)

原尞の14年ぶりの新作なのだが...。

「それまでの明日」 原尞(早川書房)

Photo主題の通り,原尞による14年ぶりの新作小説である。探偵沢崎の復活は,嬉しい限りではあるのだが,正直ってこの話はどうも面白みに欠ける。前半こそ,おぉっ,ハードボイルドだねぇと思わせるのだが,段々話がだらけてくる。最後は人情小説みたいになってしまい,何じゃそれはということで,ページのめくりがどんどん遅くなっていった私である。

沢崎が時代錯誤のようなヘビー・スモーカーってのも気になるが,馴染みのキャラも出てくることの無理やり感が強く感じられるのも難点。これはちょっと厳しいし,がっくりきたというのが実感。前半に免じて星★★とするが,次作が出ても買うのを躊躇するかもしれないって感じなのだ。

原尞が次なる作品を世に問うのか,これを以て引退とするのか微妙なところではないかって感じること自体が,長年の読者としては残念。そんな作品である。

« Jack Wilkinsの初リーダー作:こんなものまで廉価盤で出ていたとは...。 | トップページ | 遅くなったが,Adam Rogers Dice@Cotton Club参戦記。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66773936

この記事へのトラックバック一覧です: 原尞の14年ぶりの新作なのだが...。:

« Jack Wilkinsの初リーダー作:こんなものまで廉価盤で出ていたとは...。 | トップページ | 遅くなったが,Adam Rogers Dice@Cotton Club参戦記。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作