2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ブログの更新停滞中。 | トップページ | Spielbergらしいリベラルなトーンに満ちた「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 »

2018年4月 1日 (日)

何も言うことがないBob Marleyライブのデラックス版。

"Live! Deluxe Edition" Bob Marley & the Wailers (Tuff Gong/Island)

_20180331多くを語ることすらおこがましいBob Marleyの名ライブであるが,その音源が録音されたのが1975年7月18日,そのデラックス・エディションである本盤はその前日(私の14歳の誕生日だ!それがどうした!! 爆)の演奏と18日の演奏のフル・ヴァージョンを収めたもの。

まぁ,正直言って,もとのライブ盤がよく出来ているので,そのデラックス・エディションと言っても,どうなのよって気もする。ただ,やはりファンとしては聞きたくなるのが人情だろうという感じの2枚組である。

今回,この2枚組を入手した上で,改めてオリジナルのアルバムを聞いてみたのだが,やはり馴染みがあるのがオリジナルの方であるがゆえに,ちょっと冗長な感じがなかったわけではない。そもそもディスク1とディスク2で曲が結構かぶっているしねぇ。18日の方が2曲多いが,それ以外は全く同じなので,やはりどちらかと言えばコアなファン向きの音源かもしれない。しかし,元のアルバムからわかっている通り,いい曲揃いの非常に優れた演奏なので,オリジナルを聞いたことがないリスナーがこちらから聞くというのもありかもしれない。その場合は18日の演奏を収めたディスク2から聞くのをお勧めしたい。

いずれにしても,いいものはいいということで,このライブに文句をつけること自体,私の中ではありえない。正直に言うと,私が一番Bob Marleyで驚いたのは"Catch a Fire"のジャマイカ版を聞いた時であって,このアルバムではない。本当の「素の」Bob Marleyの音楽はこれだったのねぇって思ったことも懐かしい。だからと言って,このアルバムの価値が下がることは絶対ないが...。オリジナルへの敬意も込めて星★★★★★。

Recorded Live at Lyceum, London on July 17 & 18,1975

Personnel: Bob Marley(vo, g), Carlton "Carly" Burrett(ds), Aston "Family Man" Barrett(b), Tyron Downie(key),Al Anderson(g), I-Threes(vo)

« ブログの更新停滞中。 | トップページ | Spielbergらしいリベラルなトーンに満ちた「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 »

Reggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66558238

この記事へのトラックバック一覧です: 何も言うことがないBob Marleyライブのデラックス版。:

« ブログの更新停滞中。 | トップページ | Spielbergらしいリベラルなトーンに満ちた「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作