最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久々のブートレッグ・ネタ:Jukkis Uotila Bandのライブ | トップページ | Keith Jarrett: 病からの復活を記録したライブ盤。 »

2018年3月11日 (日)

ブートついでに,今度はChick Corea。

"500 Club" Chick Coea(ブートレッグ)

_20180310_2久しぶりの「宇田川町詣で」(笑)のついでということで,Jukkis Uotila Bandと一緒に仕入れてきたのがこれである。新橋500クラブ(?)ってところで録音されたらしいのだが,いかにもChick Coreaらしいピアノ・ソロの演奏が楽しめる。

そもそもこの音源が録音された新橋500クラブってどういうところやねんという話もある(ググってもちっともヒットしない)が,時は1973年,1月のReturn to Foreverでの来日時に録られたもののようである。音は極めて良好,秘蔵音源を発掘して世に出すという正しいブートレッグ(笑)の姿と思える。"Sometime Ago"なんかはちょっと硬いかなぁって気もするが,"What Game Shall We Play?"なんて,本当にいい感じで弾いている。そして,誰がどう聞いてもChick Coreaのフレージング。昔,タモリが誰にでも弾けるChick Coreaなんてネタをやっていたのも懐かしいが,こうやって聞くと,やっぱりスタイリストだよねぇって気がする。

今から45年前の記録であるが,こういうのが残っているってのは凄いことである。

Recorded Live at Shinbashi 500 Club on January 21, 1973

Personnel: Chick Corea(p)

« 久々のブートレッグ・ネタ:Jukkis Uotila Bandのライブ | トップページ | Keith Jarrett: 病からの復活を記録したライブ盤。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66480863

この記事へのトラックバック一覧です: ブートついでに,今度はChick Corea。:

« 久々のブートレッグ・ネタ:Jukkis Uotila Bandのライブ | トップページ | Keith Jarrett: 病からの復活を記録したライブ盤。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作