最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Marc Coplandのトリオ作品ではプレイバック頻度が低い"Two Way Street"。 | トップページ | 久しぶりにショップに行って仕入れた一枚:Peter Serkin »

2018年2月12日 (月)

今年初の劇場映画は「スリー・ビルボード」。

「スリー・ビルボード("Three Billboards Outside Ebbing, Missouri"('17,米,Fox Searchlight)

Three_billboards監督:Martin McDonaugh

出演:Frances McDormand,Woody Harrelson,Sam Rockwell,Peter Dinklage, John Hawkes

今年最初の劇場映画となったのが本作である。先のGolden Globeでも作品賞,主演女優賞,助演男優賞,脚本賞を受賞しているが,今度のオスカーでもかなり有力な候補作と考えられている。非常に荒っぽいセリフが続くが,主演のFrances McDormandのまさに鬼気迫る演技にはやられること必定。

そして,オスカーではノミネーションを分け合っているWoody HarrelsonとSam Rockwellはどちらも好演であるが,評価されるとすればGolden Globeの結果同様,Sam Rockwellの方だろうと思える。いずれにしても,これはシリアスで重い映画であり,このストーリーは強烈なテーマを持っている。途中のセリフにも出てくるが,「怒りは更なる怒りを呼ぶ("Anger just begets greater anger")」ということを痛切に感じさせる映画なのである。

この映画はチャラチャラしたエンタテインメントではなく,重いテーマを持っているので,確実に好き嫌いは分かれるだろう。しかし,ドラマとして,これは実によく出来た映画であり,考えさせられるところの多い映画である。人種差別の残存すら全く隠し立てすることがなく,誰が善人で,誰が悪人なのかもはっきりしないこの映画が,もしオスカーの作品賞を取ったとすれば,それは結構凄いことだと思える。とにかく強烈な印象を残す映画であった。私は去年,「ダンケルク」を高く評価したが,それとはまったく違うテイストながら,甲乙つけがたい。ということで,「ダンケルク」同様に星★★★★★。いやいや,凄いですわ。

« Marc Coplandのトリオ作品ではプレイバック頻度が低い"Two Way Street"。 | トップページ | 久しぶりにショップに行って仕入れた一枚:Peter Serkin »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66374895

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初の劇場映画は「スリー・ビルボード」。:

« Marc Coplandのトリオ作品ではプレイバック頻度が低い"Two Way Street"。 | トップページ | 久しぶりにショップに行って仕入れた一枚:Peter Serkin »

Amazon検索

2017年おすすめ作