最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Steve Reichの新作が出た。 | トップページ | Victor Wooten@ビルボードライブ東京参戦記 »

2018年2月15日 (木)

どうして廃盤のままなのか解せないChick Coreaの"Secret Agent"

"Secret Agent" Chick Corea(Polydor)

_20180212_2Chick Coreaの長いキャリアの中で,廃盤状態のアルバムはいくつかあるが,本作もそんな一枚。日本において一度だけCD化されているが,その後,またも廃盤状態になっているようである。別に悪いアルバムだとは思わないのだが,なぜだか全く解せない。

このアルバムが出た頃は,Chick Coreaがストリングスも入れて,バンドを大型化させていた頃で,来日もしていたはずであるが,"The Mad Hatter"からコンセプト的なものを除いて,よりバンド形式で臨んだアルバムという気がする。サウンドはよりフュージョン的な響きが強まっていて,結構楽しめるアルバムとなっている。だからこそ入手を難しくする理由がよくわからないのである。

まぁ,バルトークの"Bagatelle #4"なんて,明らかに浮いていて,この曲を入れることの必然性については全く疑問だし,ゲストで登場するAl Jarreauとの相性も最高とは言えないのだが,それでもホーン・セクションとの演奏や,Chick自身のシンセサイザー・ソロには聞きどころが多い。特にラストに収められた"Central Park"のカッコよさが素晴らしい。イントロからしてChick Coreaらしいし,ラテン・テイストがこれまたChick Coreaの個性をよく表していると思う。

そして,このアルバムのもう一つのポイントはBunny Brunelのフレットレス・ベース。彼が出てきた頃はそれこそ大型新人と言われていたのも懐かしい。更にラッパのAl Bizzuttiも相当持ち上げられていたはずである。いずれにしても,このアルバム,今一度評価してもいいように思えるし,これに続く"Tap Step"なんかよりはずっといいアルバムと思っている。星★★★★。

Recorded in 1978

Personnel: Chick Corea(p, el-p, synth, cl, perc, vo), Bunny Brunel(b), Tom Brechtline(ds), Airto Moreira(perc), Joe Farrell(ts, ss, fl), Al Bizzutti(tp, fl-h), Bob Zottola(tp), Jim Pugh(tb), Ron Moss(tb), Gayle Moran(vo), Al Jarreau(vo), Charles Veal(vln, vla, vo), Carol Shive(vln, vo), Paula Hochhalter(cello, vo)

« Steve Reichの新作が出た。 | トップページ | Victor Wooten@ビルボードライブ東京参戦記 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66386070

この記事へのトラックバック一覧です: どうして廃盤のままなのか解せないChick Coreaの"Secret Agent":

« Steve Reichの新作が出た。 | トップページ | Victor Wooten@ビルボードライブ東京参戦記 »

Amazon検索

2017年おすすめ作