最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« リズムは同じでピアノが変わるとどうか?:ずっと聞いてなかったCarsten Dahl盤 | トップページ | 保有していることすら忘れていたStefano Bollani盤(爆)。 »

2018年1月12日 (金)

Franck Avitabileって最近は何をやっているのだろうか?

"Lumières" Franck Avitabile(Les Vents de Vanves)

_20180106_2私がこのブログでFranck Avitabileの"Paris Sketches"を酷評したのももはやほぼ9年前に遡る(記事はこちら)。ライブ活動はしているようだが,それ以来,彼のリーダー作は途絶えているようだし,最近は何をやっているのかねぇと思ったところで,久々のプレイバックである。

前述の記事にも書いたが,昔の私の同僚が,個人的にもやり取りをされるぐらいのFranck Avitabileのファンで,このアルバムもその方からの頂きものである。ちなみにその方,Avitabile以外ではBarney Wilenのファンという,なかなかのフレンチ・ジャズのマニアであった(笑)。本作はAvitabileの正式デビュー前のもので,中古盤屋でも結構な高値がついている作品であるが,現在は本人のサイトでも手に入るようなので,稀少性はなくなったかもしれない。

だが,ここで聞かれる演奏を聞けば,非常に才能のあるピアニストだってことがよくわかる。私はフランスのジャズというのは若干癖が強いと感じることが多いのだが,ここで聞かれる演奏は極めてストレート・アヘッドなものであり,アドリブで展開されるFranck Avitabileのメロディ・センスも立派なものである。久しぶりに聞いてみて,これなら評価されて然るべきだと再認識したが,それにしては"Paris Sketches"はいけてなかったねぇ。あれが今のところの最新リーダー作というのは惜しい気がするが,やはりミュージシャンはブレてはいけないということの証ということにしよう。いずれにしても,本作はオリジナル曲も粒ぞろいで,なかなかいいと思う。星★★★★。

Recorded on March 22 and 23,1997

Personnel: Franck Avitabile(p),Louis Petruciani(b), Thomas Grimmonprez(ds)

« リズムは同じでピアノが変わるとどうか?:ずっと聞いてなかったCarsten Dahl盤 | トップページ | 保有していることすら忘れていたStefano Bollani盤(爆)。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66247608

この記事へのトラックバック一覧です: Franck Avitabileって最近は何をやっているのだろうか?:

« リズムは同じでピアノが変わるとどうか?:ずっと聞いてなかったCarsten Dahl盤 | トップページ | 保有していることすら忘れていたStefano Bollani盤(爆)。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作