2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Antonio Sanchez@Cotton Club参戦記 | トップページ | 兄貴,Neil Youngの未発表音源は味わい深い。 »

2017年12月13日 (水)

出張中に見た映画(17/11-12編):その3 は「ローガン・ラッキー」

「ローガン・ラッキー("Logan Lucky")」('17,米)

Logan_lucky監督:Steven Soderbergh

出演:Channing Tatum,Adam Driver, Daniel Craig, Katie Holmes, Seth McFarlane, Hilary Swank

出張中に見た映画として取り上げる最後がこれである。この映画を選んだのは,Steven Soderberghが監督であるからにほかならない。彼が2013年の「恋するリベラーチェ」を以て映画の監督業から引退すると発表した時には,私は本当に惜しいと思った。私はそちらは未見ながら,その前の「サイド・エフェクト」を見ていたのだが,その時にも引退すると言うことは発表されていて,その引退を惜しんでいた(その時の記事はこちら)。その時にもSteven Soderberghに翻意を促したいと言っていた私だが,何のことはない。約4年を経て監督業に復帰である。これは実にめでたいことである。

Steven Soderberghと言えば「オーシャンズ」シリーズでの知名度が日本では高いだろうが,彼の本質はあのシリーズだけにあるのではなく,実はそれ以外の映画の方が私を痺れさせてきたと思っている。「イギリスから来た男」然り,「トラフィック」然り,そして「サイド・エフェクト」然りである。今回の映画は,どちらかと言えば,軽く作ったって感じがするが,キャスティングの面白さもあって,なかなか楽しく見られる。

見終わった後の爽快感というのは,ある意味予定調和的なのだが,そこには親子愛も交えて,それが結構泣かせる。特に子役のFarrah Mackenzieが歌うシーンには目頭が熱くなってしまった私である。完全にSteven Soderberghの術中にはまってしまったが,我ながら単純である。

コメディ・タッチが強いが,映画としての見どころはちゃんと抑えているので,気楽に見られるとともに,ちゃんと楽しめる映画になっているのはSteven Soderberghの手腕と言ってもよいだろう。ということで,私としてはSteven Soderberghの復帰を大いに喜びたい。傑作とは言わずとも,楽しめる一作である。星★★★★。しかし,Hilary Swankが後半に出てきたのには驚いた。これもSteven Soderbergh復帰へのご祝儀みたいな感じなのではないかと思ってしまった。

« Antonio Sanchez@Cotton Club参戦記 | トップページ | 兄貴,Neil Youngの未発表音源は味わい深い。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66143930

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(17/11-12編):その3 は「ローガン・ラッキー」:

« Antonio Sanchez@Cotton Club参戦記 | トップページ | 兄貴,Neil Youngの未発表音源は味わい深い。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作