最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Freddie Hubbardを聞くと燃えちゃうねぇ(笑)。 | トップページ | "Native Heart":Tony Williamsならこういう方が落ち着くなぁ。 »

2017年11月28日 (火)

いいねぇと思っても一枚続けて聞く気になれない盤:Tony Willimas Lifetimeの"Emergency!"

"Emergency!" The Tony Williams Lifetime(Polydor)

_20171106ジャズとロックを融合させたアルバムとして,このアルバムは無視できない,ってのはわかっているのだが,長年このアルバムを保有していても,LP2枚分に相当するこのCDを聞き通すっていう気にならないっていうのが正直なところである。

メンツがメンツである。Tony WilliamsにJohn McLaughlinにLarry Youngってどう考えても凶暴であり,激しいのは当たり前なのだが,こういう音楽を身体が求めるならばいいとして,通常の生活環境の中では,正直これを聞き通すのはきつい。テンションが高過ぎるのである。私がこのアルバムを買ったのは米国在住中のことだったはずなので,既に四半世紀以上経過しているが,その時間の経過の中でも,これを聞き通したことがないというのは厳然たる事実として存在しているのだ(ちょっと大げさ?)。

確かにスリリングな音源である。そして時代を反映していると言ってよい。だからこの音源が評価されることには文句はない。だが,このテンションに耐え続けることは,正直私にとっては苦痛である。LPの片面ずつ聞いているならばいいだろう。だが,CDフォーマットは,彼らの音楽を聞くのには絶対適していない。

アルバムとしての価値は否定しないが,どうしても私とは相性がよくないと言うべきか。まぁ時代も感じさせるし。というところで,アンビバレントな感覚は残るが,まぁれ歴史的な意義も含めて星★★★☆ってところにしておこう。でも"Bitches Brew"はフルで聞き通すことになんの抵抗もないことと比べると,やはりアルバムとしての私に対する訴求力は全く違うってことなのだ。

それにしても,なんとも半端な記事になってしまった(苦笑)。

Personnel: Tony Williams(ds, vo), John McLaughlin(g), Larry Young(org)

« Freddie Hubbardを聞くと燃えちゃうねぇ(笑)。 | トップページ | "Native Heart":Tony Williamsならこういう方が落ち着くなぁ。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66011429

この記事へのトラックバック一覧です: いいねぇと思っても一枚続けて聞く気になれない盤:Tony Willimas Lifetimeの"Emergency!":

« Freddie Hubbardを聞くと燃えちゃうねぇ(笑)。 | トップページ | "Native Heart":Tony Williamsならこういう方が落ち着くなぁ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)