2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Michael McDonaldからのDan Fogelbergって何の脈絡もないが(笑)。 | トップページ | 超懐かしいTom Robinson Band:パンクはほとんど聞かない私が最初に認めたのは彼らだな。 »

2017年11月 9日 (木)

Stanley JordanとNovecentoによるゆるゆるグルーブ。

"Dreams of Peace" Stanley Jordan Featuring Novecento(Nicolosi)

_20171104_3イタリアのお金持ち,Nicolosi兄弟は,Billy CobhamやらBilly PrestonやらDeodatoやらと,グルーブ追求型のアルバムをリリースしているが,そんな彼らがStanley Jordanを迎えて制作したのが本作である。いつもながらの心地よいグルーブを打ち出したアルバムであるが,これが結構ゆるゆるながら,気持ちよく聞ける。ある意味ここまで行けば間違いなくスムーズ・ジャズである。1曲のみ客演するDave Liebmanさえもがそのグルーブに同化してしまうところがある意味恐ろしい。それでもLiebmanは相応に抵抗しているようにも聞こえるが(笑)。

それはさておきであるが,Stanley Jordanは今となってはイロモノと言ってもよい感じになってしまうのは,彼の特殊なギターゆえに仕方のないところがある。最初,Stanley Jordanが出てきた頃は,何なんだこれは?という感覚で捉えられていたと思うが,彼のタッピング奏法はOne and Onlyかもしれないとしても,ギタリストにとっては革命たりえないのである。見た目には凄いものではあるが,誰も真似ができそうにないことをやられてもねぇというところだし,そもそもすぐに飽きられる。彼の失速はこれは最初から不可避だったと言ってもよいように思える。

だが,ここではNicolosi兄弟のいつもながらのグルーブに乗っかって,弾きまくるStanley Jordanを聞くことができて,それはそれなりに面白い。だが,ここでのグルーブは,決してファンクではない。メロウ・グルーブであって,相当にゆるい。このゆるさを楽しめるかどうかが本作の評価の分かれ目であろうが,こういうのは固いことを言わずに身体をゆらすのが正しい聞き方って気がする。まぁ難しいことはいいことなしって感じだが,高く評価するほどでもなく,星★★★ってところだろう。

いつものNicolosi兄弟のアルバムにしてはゲストが控えめであるが,その分,主役であるStanley Jordanに弾かせたって感じだな。

Personnel:Stanley Jordan(g), Lino Nicolosi(g), Pino Nicolosi(key), Rossana Nicolosi(b), Mimmo Campanle(ds), Danny Gottlieb(ds), Marco Fadda(perc), Gregg Brown(vo), Dora Nicolosi(vo), Randy Brecker(tp), Guy Barker(tp, fl-h), Dave Liebman(ts), Leonardo Favin(tb) with strings

« Michael McDonaldからのDan Fogelbergって何の脈絡もないが(笑)。 | トップページ | 超懐かしいTom Robinson Band:パンクはほとんど聞かない私が最初に認めたのは彼らだな。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66002968

この記事へのトラックバック一覧です: Stanley JordanとNovecentoによるゆるゆるグルーブ。:

« Michael McDonaldからのDan Fogelbergって何の脈絡もないが(笑)。 | トップページ | 超懐かしいTom Robinson Band:パンクはほとんど聞かない私が最初に認めたのは彼らだな。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)