2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 私に全く不似合いなSue Raney(笑)。 | トップページ | Jerry Bergonziの新譜だが,彼にはラッパは不要だろう。 »

2017年11月 4日 (土)

Blue Note All Starsはかなりカッコいい。でもLionel Louekeはなぁ...。

"Our Point of View" Blue Note All Stars(Blue Note)

_20171103ブルーノート・レーベルに所属するミュージシャンが集まって,吹き込んだアルバムだが,コンテンポラリーな感覚に満ちていて,これはかなり楽しめる。ブルーノート・レーベルもDon Wasが社長に収まって以来,コンベンショナルなジャズ・レーベルに留まらない存在になってきたが,そうした方向性がこのオールスターズの演奏にも表れていると言ってよいだろう。

メンバーのオリジナルに加えて,Wayne Shorterの"Witch Hunt"と"Masquelero"が収められているところに,Wayne Shoterの彼らにとっての位置づけが表れているようだが,後者にはWayne本人とHerbie Hancockが客演して華を添えている。

全体に現代的な響きを持ちながら,非常にカッコいい演奏だと言ってよいが,私にとっては私が苦手とするLionel Louekeの存在が気になってしまうのは仕方がない。ほかの曲では控えめにしていても,Louekeのオリジナル"Freedom Dance"になると,途端に私がどうしても好きになれない彼のアフリカン・フレイヴァーが出てきて,あぁ,やっぱりねぇ...となってしまうのは実にもったいない。

しかし,そのほかについては,Marcus StricklandとAmbrose Akinmusireという実力十分なフロントも,Robert GlasperのRhodesやピアノも非常にいいと思える。Derrick Hodgeがアコースティック・ベースも十分にうまいというのは発見であったし,Kendrick Scottもいつも通りの素晴らしさである。知名度としてはまだビッグネームとはいかないかもしれないが,やはりいいメンツをレーベルに抱えているのは大したものだと言える。まさに精鋭である

だからこそ,私はLouekeの"Freedom Dance"がアルバムの流れを分断しているようで,納得がいかないのである。これさえなければ満点をつけてもよかったが,半星引いて星★★★★☆とせざるをない。各々のメンツを立てる必要はあるかもしれないが,制作という観点では,やりようがあったのではないかと思うし,Louekeも我を抑えるべきではなかったか。ということで,私のLionel Louekeアレルギーも相当なレベルだと思ってしまった(苦笑)。これはもはや相性を通り越して,生理的なレベルだな(爆)。

Personnel: Ambrose Akinmusire(tp), Marcus Strickland(ts), Robert Glasper(p, el-p), Lionel Louke(g, vo), Derrick Hodge(b), Kendrick Scott(ds), Wayne Shorter(ss), Herbie Hancock(p)

« 私に全く不似合いなSue Raney(笑)。 | トップページ | Jerry Bergonziの新譜だが,彼にはラッパは不要だろう。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65998018

この記事へのトラックバック一覧です: Blue Note All Starsはかなりカッコいい。でもLionel Louekeはなぁ...。:

« 私に全く不似合いなSue Raney(笑)。 | トップページ | Jerry Bergonziの新譜だが,彼にはラッパは不要だろう。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)