2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Tangerine Dreamの新作:亡きEdgar Froeseが遺したもの。 | トップページ | Gerry Mulliganによるまさに「夜のアルバム」 »

2017年10月30日 (月)

High NoteからのWoody Shawの未発表ライブ音源の第2弾なのだが...。

"The Tour Volume Two" Woody Shaw / Louis Hayes(High Note)

_20171029High Noteレーベルからの未発表ライブ音源第2弾である。1曲が77年の録音である以外は,76年春先の音源が集められている。第1集がシュツットガルトでの演奏でまとめられているのに対し,同時期のハンブルク,グラーツ,ブレーメン,ブルクハウゼン,ベルギー,そして77年はミュンヘンという欧州楽旅の模様を収めた音源であるが,メンツは第1集とほぼ同じなので,今回も期待を込めて購入したが,結果はやや微妙である。

Woody Shawについて記事を書く時には,彼が別の時代に生きていたら,もっとジャズ界でも認められる存在となっていたことは間違いないと思う。それだけの熱量をこの音源は持っている。しかし,音源として致命的なのはライブ音源なのにフェードアウトされる曲があるということである。そして,演奏があまりにも荒い。興奮度は高まるかもしれないが,さすがにこれは荒っぽすぎると言わざるをえないのは残念である。第1集も久しく聞いていないが,録音ももう少しよかったような気がするのだが,音も聞けるレベルではあるものの,決してクリアな音とは言えない。

確かにエキサイティングな演奏であると言えばその通りであろう。そして,Woody Shawのフレージングは見事なものだ。だが,私はこのアルバムを聞いていてちょっとさめてしまったというのが正直なところである。それはバンド演奏としての瑕疵が多いように感じるからだが,こうなると,高く評価した第1集ももう一度冷静に聞き直してみる必要があるのではないかとさえ感じる。

おそらくそう感じさせるのは,私はLouis Hayesのバスドラのうるささゆえではないかと思っているが,現場で聞いていれば燃えてしまう演奏でも,こうやって聞いてみると,やり過ぎ感が強いと思わせる典型のように思う。決して嫌いではないが,どうにも違和感があって没入できないこともあり,星★★★ぐらいでがいいところ。

Recorded Live at Various Locations on March 4, 11, 21, 26 & April 5, 1976 and in April 1977

Personnel: Woody Shaw(tp), Junior Cook(ts except on track 4), Rene McLean(ts on track 4 only), Ronnie Matthews(p), Stafford James(b), Louis Hayes(ds)

« Tangerine Dreamの新作:亡きEdgar Froeseが遺したもの。 | トップページ | Gerry Mulliganによるまさに「夜のアルバム」 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65978125

この記事へのトラックバック一覧です: High NoteからのWoody Shawの未発表ライブ音源の第2弾なのだが...。:

« Tangerine Dreamの新作:亡きEdgar Froeseが遺したもの。 | トップページ | Gerry Mulliganによるまさに「夜のアルバム」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)