最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 今日は戦利品だけ。小曽根真のブルーノート・ライブ。 | トップページ | 音楽の秋到来で新譜ラッシュだが,多忙で音楽をなかなか聞けない。 »

2017年9月15日 (金)

小曽根真"The Trio"@ブルーノート東京参戦記。

Ozone_the_trio

小曽根真がThe Trio名義で"Dimensions"をリリースした時,そのアルバムはあまり評価できなかった私である(記事は
こちら)。しかし,「夜の部活」メイトからのご要望もあり,ライブに行ってきた。

結論から言えば,アルバムよりずっとライブの方がよかったと感じる。新作,旧作からのレパートリーを交えて演奏される曲は,ダイナミズムを感じさせ,フレージングもよかった。そして,Clarence Pennのドラミングはサトルさとパワーを併せ持つ素晴らしいものであった。James Genusのベースも音,フレージングともにいけていて,このトリオ,そもそものレベルが高いということを再認識した。

ブルーノートは完全フルハウス状態で,小曽根真は終始ご機嫌だったし,最終日ということもあり,MCもノリノリな感じがしたが,ピアノ・トリオとしては非常に楽しめるライブだったことは間違いない。サイン会まであるとは思っていなかったが,丁寧な応対ぶりも好感度が高かったと言っておこう。

写真は客席からスマホで隠し撮りをして,若干の編集を施したものだが,画像は粗いが,なかなかのナイス・ショットである(自画自賛)。

Live at Blue Note東京 on September 13, 2017,2ndセット

Personnel: 小曽根真(p),James Genus(b),Clarence Penn(ds)

« 今日は戦利品だけ。小曽根真のブルーノート・ライブ。 | トップページ | 音楽の秋到来で新譜ラッシュだが,多忙で音楽をなかなか聞けない。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65791106

この記事へのトラックバック一覧です: 小曽根真"The Trio"@ブルーノート東京参戦記。:

« 今日は戦利品だけ。小曽根真のブルーノート・ライブ。 | トップページ | 音楽の秋到来で新譜ラッシュだが,多忙で音楽をなかなか聞けない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)