最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ちょいと地味めと思わせる部分もあるが,いつまでもいけているSteve Winwood。 | トップページ | RH Factor@Blue Note東京参戦記 »

2017年9月26日 (火)

ユニークだが,やっぱりReichはReichと感じさせる"Kuniko Plays Reich"

"Kuniko Plays Reich" 加藤訓子(Lynn)

_20170924_2このブログにも何度も書いているように,私はSteve Reichの音楽が結構好きである。そのReichの音楽を日本のパーカッショニスト,加藤訓子が編曲して演奏したアルバムが面白そうだなぁと思って購入した。

冒頭に収められているのは,Pat Methenyにより初演された"Electric Counterpoint"をスティール・パン,ヴァイブ,マリンバとテープで演奏したものであるが,楽器は変われどReichはどうやってもReichであり,その次は"Six Marimbas"をこれまた多重録音で聞かせるという力業。そして,もともとはフルートのために書かれている"Vermont Counterpoint"をヴァイブで演奏というプログラムであるが,どこを切り取っても,Reichの音楽なのは,加藤訓子のReichの音楽への理解の深さとも言えるし,Reichの音楽の個性とも言えるだろう。

いずれにしても,ここに収められた音楽は,Steve Reichの音楽を好む人間にとっては,極めて心地よく,そしてユニークでありながら,期待に応えるものと言ってよいと思う。これはこうした試みを行った加藤訓子を褒めるべきであり,海外での本作への高い評価もその表れということだと思う。星★★★★☆。いずれにしても,私にはReichの音楽が心地よいことを再確認した。

Recorded on January 28, 29, November 24, 25,2009 and on March 28. 29, 2010

Personnel: 加藤訓子(vib,marimba, steel pan)

« ちょいと地味めと思わせる部分もあるが,いつまでもいけているSteve Winwood。 | トップページ | RH Factor@Blue Note東京参戦記 »

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

これ、いいですよね。ライヒの曲と打楽器が実に相性がいいので。
割と聴いています:
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/entry/2017/01/21/115506

kenさん、おはようございます。リンクありがとうございます。

Reichにはパーカッション向けに書いた曲もありますが,これはこう来たかって感じさせるものでした。すごい労作だと思いますが,心地いいですよね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65831418

この記事へのトラックバック一覧です: ユニークだが,やっぱりReichはReichと感じさせる"Kuniko Plays Reich":

« ちょいと地味めと思わせる部分もあるが,いつまでもいけているSteve Winwood。 | トップページ | RH Factor@Blue Note東京参戦記 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)