2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« またまたラックの奥から引っ張り出す:小國雅香の初リーダー作。 | トップページ | Milesバンド脱退後のBob Bergのリーダー作第1弾 »

2017年9月 5日 (火)

"Breezin'"路線を踏襲したってところの"In Flight"

"In Flight" George Benson(Warner Brothers)

_2017090370年代中盤から80年ぐらいまでのGeorge Bensonの売れ方はある意味異常であった。"Breezin'"がバカ売れし,グラミーは取るわ,ビルボードのポップ・チャートの1位になるわというのがまさに凄いことだが,それに続く何枚かもチャートのトップ10に入っているのだから,出せば無条件に売れていたと言ってもよい。

まぁ,"Breezin'"が突然変異的に売れ,それに続く作品は,まぁ「二匹目のドジョウ」狙いになるのは当然で,この"In Flight"はサウンド的には,"Breezin'"の路線を踏襲しているのだが,更にここではヴォーカルの比率を高めて,更に売るぞという感覚が出ているのが笑える。6曲中4曲が歌ものだからねぇ。

ここまで来ると,ジャズ・ギタリストとしてのGeorge Bensonはどこかに行ってしまったなぁという感覚が強いが,まぁここまでポップに徹すりゃいいかって感じもする。だが,それもGeorge Bensonの声が好きかどうかによって,評価も分かれるのは仕方ないだろう。正直言って,私にとっては可も不可もないというのが事実である。だが,George Bensonの声には"Everything Must Change"ははっきり言って合っていないということは,声を大にして言いたい。Warがオリジナルの"World Is a Ghetto"とかはまだ許せるが,合わない曲はやめといて欲しかった。

ということで,星★★★ぐらいでいいだろう。

Gb_2009ところで,全然関係ないが,最近のGeorge Bensonの写真を見ると,その頭部が細川たかしに見えて仕方ない私(爆)。

Personnel: George Benson(g, vo), Ronnie Foster(el-p, synth), Jorge Dalto(p, clavinet),Phil Upchurch(g, b), Stanley Banks(b), Harvey Mason(ds), Ralph McDonald(perc)

« またまたラックの奥から引っ張り出す:小國雅香の初リーダー作。 | トップページ | Milesバンド脱退後のBob Bergのリーダー作第1弾 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65745781

この記事へのトラックバック一覧です: "Breezin'"路線を踏襲したってところの"In Flight":

« またまたラックの奥から引っ張り出す:小國雅香の初リーダー作。 | トップページ | Milesバンド脱退後のBob Bergのリーダー作第1弾 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)