最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 夏だ,レゲエだ,今日はGregory Issacsだ。 | トップページ | 久々に聞いたJack Wilson。ある意味この時期のBlue Noteの典型だよねぇ。 »

2017年8月18日 (金)

小曽根真久々のThe Trioのアルバム。驚きがないなぁ。

"Dimensions" 小曽根真

_20170816_2今回のメンツによるThe Trioが復活するのは10年ぶりだそうである。しかも来月にはBlue Note東京にも出演することになっている(ライブは予約済みである:笑)から,予習として聞かないわけにはいかない。

最初からはっきり言ってしまうが,私は小曽根真の音楽に心底惚れ込んだことはない(きっぱり)。ある意味中庸,ある意味誰にでも受け入れられる音楽をやっているから,この人には尖ったところがないと思ってきたし,そういう感覚はこれまで変わったことはない。だが,例えば,Mike Sternとライブをやった時のように,オルガンでグルーブを炸裂させればいいのにと思えるのも事実だし,Lee Ritenourの"Twist of Rit"に客演した時には「小曽根たちとやった"W.O.R.K.n' IT"のなんとカッコよいことか。私は小曽根真がオルガンを弾いた時の魅力を,Mike Sternたちとのライブの場で体感しているので,これも期待していたのだが,期待以上のグルーブを生み出しているのが素晴らしい」と書いているぐらいなのだ。

しかしながら正直に言ってしまえば,私にとっては,小曽根真は器用な人であるがゆえに,何でもできてしまうのは事実なのだが,リスナーを桃源郷に導くだけのパワーが,ピアノでは不足しているように思える。だから,今回の新作を聞いても,普通じゃんという感触しか得られないし,魅力的なオリジナルに満ちているかと言えば決してそんなことはない。もっと挑発してくれないと,10年ぶりというのには不十分だと思えるのだ。はっきり言おう。私にとっては,このアルバムより,ドラマーのClarence Pennのリーダー作(記事はこちら)の方がずっとえぇわと思うのが正直なところなのだ。

多分,ブルーノートでのライブの場では文句は言わないだろうが,私はこのアルバムに対して高い評価を与えたいと思わない。小曽根がいるだけで,ブルーノートの客層は変わるが,彼ら(ほとんどは彼女たち)にとって文句なしの音楽に対しても,私はこの程度では満足できないと言ってしまうのである。正直言って国内盤だから仕方ないが,このアルバムに3,240円の大枚をはたくならば,安い輸入盤を私は3.5枚買う方がずっとましやと言っておこう。ということで星★★★が精一杯だ。標準的なレベルを脱していないのは致命的なのだ。

Recorded on February 8-10,2017

Personnel: 小曽根真(p),James Genus(b),Clarence Penn(ds)

« 夏だ,レゲエだ,今日はGregory Issacsだ。 | トップページ | 久々に聞いたJack Wilson。ある意味この時期のBlue Noteの典型だよねぇ。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65672432

この記事へのトラックバック一覧です: 小曽根真久々のThe Trioのアルバム。驚きがないなぁ。:

« 夏だ,レゲエだ,今日はGregory Issacsだ。 | トップページ | 久々に聞いたJack Wilson。ある意味この時期のBlue Noteの典型だよねぇ。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)