2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Amazon Primeで「ブラック・レイン」を見たのだが,こんなに酷かったか? | トップページ | Toots~Pass~NHOPの組合せ:Pablo Liveらしいよねぇ。 »

2017年8月 1日 (火)

Judit Neddermann:これはいいねぇ。

"Tot El Que He Vist" Judit Neddermann(Temps)

Totelqhevistショップをうろついていて,目についたアルバムである。ついでに試聴ができたので,冒頭の2曲を聞いて,即購入決定であった。

Judit Neddermannという名前は,不勉強にして初めて聞いたが,カタルーニャ出身のシンガー・ソングライターである。カタルーニャと言えば,バルセロナであるが,現在はスペインからの独立運動で盛り上がっている。スペインはもともと各地域ごとの独立心が旺盛な土地柄であるが,そうした要素はこの人の音楽とは無関係である。

そもそもスペインの音楽と言えば,単純な私の頭の中では即フラメンコとなってしまうわけだが,ここで聞かれる音楽はフラメンコとは全く異なり,ブラジル的なサウンドと言ってもよい。そして,私がこのアルバムに魅かれたのは,Judit Neddermanの声そのものにほかならない。なんと素敵な声だろうか。

この声と,控えめなバッキングが相まって,非常に爽やかな時間が優雅に過ぎて行く。この感覚はPaula Santoroのアルバムを初めて聞いた時の感覚に近いように思える。

全編に渡って素晴らしい声を聞くことができるが,最後の"Luesia"だけ,パーカッションが賑やかに鳴り響き,ちょいと感じが違うのがやや惜しく感じてしまうが,それでもこのアルバムのよさはより多くの知ってもらいたいと思えるものであった。

参加ミュージシャンが多いので,パーソネルは省略するが,いずれにしてもこれは嬉しい発見であった。星★★★★☆。ついでにYouTubeに映像がアップされているので,それも貼り付けておこう。直感を信じて買ったが,これはやっぱりええですわぁ。

« Amazon Primeで「ブラック・レイン」を見たのだが,こんなに酷かったか? | トップページ | Toots~Pass~NHOPの組合せ:Pablo Liveらしいよねぇ。 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ワールド・ミュージック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65594161

この記事へのトラックバック一覧です: Judit Neddermann:これはいいねぇ。:

« Amazon Primeで「ブラック・レイン」を見たのだが,こんなに酷かったか? | トップページ | Toots~Pass~NHOPの組合せ:Pablo Liveらしいよねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)