最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Frankie Miller:ブルー・アイド・ソウルだねぇ。 | トップページ | Yesの踏み絵アルバム,としか言いようがない。 »

2017年8月15日 (火)

iPodで聞くMonkもまたよしってことで。

Img_0007"The Unique" Thelonious Monk

お盆で実家に来ているので,通常とは異なる音楽鑑賞環境にいる私だが,今日は久々にiPod Classicで音楽を聞いている。最近はiPhoneのメモリも増強されて,かなりの曲数は入っているが,やはりそれだけでは限界があるため,何でもかんでも突っ込んでいるわけではない。そんな時,最近では滅多に使わなくなっているiPodで日頃あまり聞いていない音源を聞くのもいいだろうってことで,今回はiPod2台持ちで帰郷した私である。

それでもって聞いているのが本作であるが,このCDは父の遺品の1枚である。父は結構Monkが好きな人だったが,定番の"Brilliant Corners"や"Monk's Music"ではなく,本作やChalie Rouseとの演奏を好んでいたようである。お盆の時期だけについつい父のことを思い出しているが,クラシック,中でもモーツァルト命みたいだった父が,晩年にジャズに目覚め,こういう音楽を聞いていたのは感慨深い。

それはさておき,久しぶりに本作を聞いてみて,まさにタイトルに偽りなしである。超有名スタンダードをやりながら,聞こえてくるのは紛うことなき,Thelonious Monkその人の音である。まさにスタイリストって感じだが,私が若い頃はどうしてもMonkの音楽の良さが理解できなかったが,ようやく私の中にMonkが入り込んで来たのは,浪人中に,予備校の授業に出ることもなく,ひたすらジャズ喫茶で本を読んでいた頃のことである。今にしてみれば,Charlie Parkerもそんな感じだった。

だが,一度Monkの魅力にはまってしまうと,中毒性のようなものがあって,今の耳にはまぁまぁ真っ当な音楽にも聞こえるこのユニークさがたまらなくなるのである。そして,ここではやっぱりMonkはArt Blakeyと相性がいいねぇと思わせる演奏である。それはBlakeyの順応力とも言えるが,なんとも立派なものである。

といことで,これを聞くのも超久しぶりではあったが,結局Monkの音楽の魅力に改めて気付かされた私である。十分星★★★★☆に値すると思えた作品。

Recorded on March 17 and April 3, 1956

Personnel: Thelonious Monk(p), Oscar Pettiford(b), Art Blakey(ds)

« Frankie Miller:ブルー・アイド・ソウルだねぇ。 | トップページ | Yesの踏み絵アルバム,としか言いようがない。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65664857

この記事へのトラックバック一覧です: iPodで聞くMonkもまたよしってことで。:

« Frankie Miller:ブルー・アイド・ソウルだねぇ。 | トップページ | Yesの踏み絵アルバム,としか言いようがない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)