最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 夏のフリー・ジャズ祭(笑):今日は梅津和時~原田依幸デュオ | トップページ | Frankie Miller:ブルー・アイド・ソウルだねぇ。 »

2017年8月13日 (日)

久しぶりにBooker Littleを聞く。

"Booker Little" (Time)

_20170812Booker Littleと言うと,私はEric DolphyとのFive Spotが最初に思い浮かぶのは仕方ないとしても,そこでのBooker Littleも素晴らしいものの,やはりあれはDolphyのアルバムだよなぁと思ってしまう。

だが,Booker LittleはもちろんFive Spotだけで語られるべき人ではない。本作然り,"Out Front"然りである。日本においては,おそらく本作の方が"Out Front"よりも人気があると思うが,ここでワンホーンで繰り広げられる演奏を聞けば,このBooker Littleの朗々と歌うラッパに惹きつけられることは間違いない。そして,彼の書くオリジナル曲が,また琴線をくすぐる哀愁度合いなのである。そもそも私はラッパのワンホ ーンが好きなので,私の嗜好にもばっちり合ってしまうのだ。

本作はBooker Littleの演奏を聞くべきアルバムであることは言うまでもないが,メンバーも凄い。ピアノはTommy FlanaganとWynton Kellyが分け合い,リズムはScott LaFaroとRoy Haynesなのである。これで悪い訳がないが,それにしても凄いメンバーである。よくTimeのような弱小レーベルで録音できたものだと思うが,まだまだ彼らのギャラも安かったってことか(笑)。

いずれにしても,Booker Littleの実力がきっちり捉えられ,共演者も大きく貢献した好盤。久しぶりに聞いたが,やっぱりいいねぇ。改めて早過ぎる死が惜しまれる人材であった。星★★★★★。

Recorded on April 13 & 15, 1960

Personnel: Booker Little(tp), Tommy Flanagan(p), Wynton Kelly(p), Scott LaFaro(b), Roy Haynes(ds)

« 夏のフリー・ジャズ祭(笑):今日は梅津和時~原田依幸デュオ | トップページ | Frankie Miller:ブルー・アイド・ソウルだねぇ。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65655459

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにBooker Littleを聞く。:

« 夏のフリー・ジャズ祭(笑):今日は梅津和時~原田依幸デュオ | トップページ | Frankie Miller:ブルー・アイド・ソウルだねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)