2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 追悼,Sam Shepard | トップページ | ECMのMisha Alperinってどういうリスナーが聞いているのか...(苦笑)。 »

2017年8月 7日 (月)

Amazon Primeで見た「人間の証明」。しょうもないねぇ。

「人間の証明」('77,東映)

Photo監督:佐藤純彌

出演:岡田茉莉子,松田優作,鶴田浩二,George Kennedy,ハナ肇,岩城滉一,三船敏郎

「読んでから見るか,見てから読むか」というメディア・ミックスによる宣伝により,ヒットしたこの映画,私はこの年になるまで見たことがなかった。私は昔から洋画指向が強かったので,子供の頃に見た怪獣映画やオリジナル「日本沈没」などを除けば,高校まではほとんど邦画を見た記憶がない。この映画ももはや40年前の映画なので,私が高校生の頃の映画だが,高校時代は映画より音楽に関心がシフトしていたこともあり,この映画も存在は知っていても見ていない。それを気まぐれでAmazon Primeで見たのだが,正直言ってつまらないことこの上ない。ニューヨークで展開されるカーチェイスなんて,スピード感も迫力もゼロである。

脚色が松山善三と思えないほど,雑と言うか,そんな簡単にことが運ぶのかと思わせるのがきつい。上映時間の縛りもあるとは思うが,脚色は頂けない。原作は遠い昔に読んだ記憶があるが,そもそも棟居刑事を演じる松田優作がミスキャストだろうと思わざるをえない。

意外だったのが,本作の主演(ヘッドライナー)が岡田茉莉子だったってことである。もちろん,ドラマの基軸として岡田茉莉子が非常に重要な役割を担うのだが,棟居刑事ものであるならば,普通ならば松田優作がトップに据えられてもいいように思うが,そこは当時の役者の格を考慮したってことかもしれない。いずれにしても,あんな刑事はおらんわ。

その一方で,次から次へといろいろな役者が登場して,あぁあの人も,この人もって感じはそれはそれで懐かしい(伴淳三郎とか,北林谷栄とか...。竹下景子も出てたのねぇ。)のだが,映画としては全く評価に値しない。当時,金を出してまで見に行かなくて正解。今回,気まぐれでも2時間以上かけてこの映画を見たのは大失敗(爆)。星★☆。当時としては頑張ってアメリカ・ロケしてみましたって感じだろうが,今となってはそれが何か?ってところに,時の流れを感じることにしよう。

« 追悼,Sam Shepard | トップページ | ECMのMisha Alperinってどういうリスナーが聞いているのか...(苦笑)。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65628396

この記事へのトラックバック一覧です: Amazon Primeで見た「人間の証明」。しょうもないねぇ。:

« 追悼,Sam Shepard | トップページ | ECMのMisha Alperinってどういうリスナーが聞いているのか...(苦笑)。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)