2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Marc Coplandを伴ったGary PeacockのECM新作は前作踏襲って感じだが,相変わらずいいねぇ。 | トップページ | 祝W杯出場!おめでとう!日本代表。 »

2017年8月30日 (水)

Amanda Marshall:どうして買ったのか記憶にない(爆)。

"Amanda Marshall" Amanda Marshall(Epic)

_20170830このアルバムがリリースされて,20年以上経っているが,振り返ってみても,どうして買ったのか記憶が定かではない(苦笑)。おそらくはSheryl Crowが出てきて,その系列という感じで購入したのだろうが,やっぱり思い出せない。しかも国内盤を買っているし...。なんでやねん。中古で買ったのかなぁ?

それはさておきである。Amanda Marshallはカナダ出身のシンガーである。なかなかパワフルな声をしていて,かつ結構いい曲が揃っている。本人のオリジナルだけでなく,色々なライター陣の曲を歌っているが,これはプロデューサーの腕の成せる業って気もする。それでも本国カナダでは100万枚以上のセールスを記録したということだから,大したものである。しかも本作をリリースした時には22,3歳ってことで,十分な才能を感じさせる。

ただ,その後,レーベルともめたらしく,2001年の”Everybody's Got a Story"以降のレコーディング・キャリアが途絶えてしまったのは惜しい気がする。だが,私も気まぐれでしかプレイバックしないで,保有していることは記憶していても,肝心の内容はほとんど忘れていたのだから,どうこう言えた立場ではないが。

Amanda_marshall_liveレコーディングはしていなくても,本国ではライブ活動を継続しているみたいだから,まだまだ現役である。Facebookには彼女のファン・ページがあって,近影もアップされているので,そちらも貼り付けておこう。ヘア・スタイルが全く変わっていないのには笑える。

いずれにしても,当時の新人のデビュー作としてはよく出来た佳作と言えるだろう。星★★★★。

Personnel: Amanda Marshall(vo), Tommy Byrnes(g), David Wipper(g, mandolin), Tim Pierce(g), David Tyson(key, prog), T-Bone Wolk(accor), Lee Sklar(b), Kenny Aronoff(ds), Diana DeWitt(vo), Peter Kent(vln), Erika Duke-Kirkpatrick(cello),Louis Taylor(ss)

« Marc Coplandを伴ったGary PeacockのECM新作は前作踏襲って感じだが,相変わらずいいねぇ。 | トップページ | 祝W杯出場!おめでとう!日本代表。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65727140

この記事へのトラックバック一覧です: Amanda Marshall:どうして買ったのか記憶にない(爆)。:

« Marc Coplandを伴ったGary PeacockのECM新作は前作踏襲って感じだが,相変わらずいいねぇ。 | トップページ | 祝W杯出場!おめでとう!日本代表。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)