2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 渋くも素晴らしいPat Martino~Gil Goldsteinデュオ | トップページ | やってきました,Pink Floydの回顧展の本とTシャツ。 »

2017年7月 8日 (土)

Larry Coryellの遺作(?)はなんと11th House名義。

"Seven Secrets" Larry Coryell's 11th House(Savoy Jazz)

_20170706惜しくもLarry Coryellが亡くなったのが今年の2月のことであった。そのLarry Coryellの遺作と思しき作品が先頃リリースされたのだが,なんと懐かしや11th House名義である。しかもドラムスはこれまた昨年の12月に亡くなったAlphonse Mouzonである。更にフロントにはRandy Brecker,そしてベースはこれまた懐かしやJohn Leeに,Coryellの息子,Julianを加えた布陣によるハードなフュージョン・アルバム。

Julian Coryellを除くメンバーの平均年齢は60代後半となるはずだが,それにしてはやっている音楽は激しい限りである。ロック調あり,ファンク調あり,更にはアコースティック・ギター・ソロありと,曲はバラエティに富んでいるが,基本的には相当熱い(暑苦しい)音楽と言ってもよいが,この手の音楽が好きなリスナーのツボに入るタイプの音楽と言ってよいだろう。ここでの音楽を聞いている限り,このバンドからLarry CoryellとAlphose Mouzonが鬼籍に入るとは全く信じがたいような演奏群である。

曲はメンバーの持ち寄りであるが,Larry CoryellとAlphonse Mouzonが4曲ずつ,Randy Breckerが2曲,そしてJohn Leeが1曲(Dennis Haklarとの共作)と言った具合であり,プロデュースもバンド・メンバー全員によるものというかたちで,しっかりグループとしての表現を志向している志は認める必要があるだろう。正直言って,曲は玉石混交とは思うが,演奏としては予想以上に楽しめるものとなっている。それだけにライブも見てみたいと思わせる作品だったが,Larry CoryellとAlphonse Mouzonが亡くなってしまっては,それも夢のまた夢ってことになってしまった。

だが,亡くなる前に,これだけのフュージョン・アルバム,そして11th Houseという懐かしい名前でアルバムを制作していたことだけでも,彼らに感謝せねばならないだろう。Larry CoryellとAlphonse Mouzon追悼の気持ちも込めて,普通なら星★★★☆~★★★★ぐらいのところ,甘いのを承知で星★★★★☆としてしまおう。

Personnel: Larry Coryell(g),Julian Coryell(g), Randy Brecker(tp), John Lee(b), Alphonse Mouzon(ds)

« 渋くも素晴らしいPat Martino~Gil Goldsteinデュオ | トップページ | やってきました,Pink Floydの回顧展の本とTシャツ。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65501989

この記事へのトラックバック一覧です: Larry Coryellの遺作(?)はなんと11th House名義。:

« 渋くも素晴らしいPat Martino~Gil Goldsteinデュオ | トップページ | やってきました,Pink Floydの回顧展の本とTシャツ。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)