2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Bryan Ferry色に染め上げられたカヴァー曲集 | トップページ | 買ってしまったKraftwerk 3-D The Catalogue »

2017年7月17日 (月)

Coltrane没後50周年。今日は改めて"Village Vanguard Again"を聞く。

"Live at the Village Vanguard Again" John Coltrane(Impulse!)

_20170715_21967年7月17日にJohn Coltraneが亡くなって今年で50年である。毎年同じことを書いているが,Coltraneの命日がやって来ると,私はまた一つ年齢を重ねることになっている。去年は62年のGrazの音源を取り上げたが,今年はこれである。

私は夏場になると,レゲエと並んで,フリー・ジャズを聞きたくなるという変態であるが,この音源におけるフリー度は,はっきり言ってそんなに高いと思えない。これぐらいなら普通にやり過ごせる。もちろん,こういう音楽に耐性がない人にとっては聞くに堪えないってことになってしまうが,ここで聞かれるColtraneの情念は,私は実に素晴らしいと思えるのだ。

実を言うと,私は後期のColtraneのアルバムにはあまり手を出してこなかったのだが,本作を随分後になって入手した時には,全然問題ないと思ったし,食わず嫌いはいかんと思えるものだった。"Naima"にしても,"My Favorite Things"にしても,Coltraneのオハコのような曲であるが,Atlanticとの違いは顕著で,Coltraneが日々変転を遂げていたことは誰の耳にも明らかだろう。

正直言って暑苦しいが,それでもボリュームを上げて聞くと何とも言えない快感を得られる。星★★★★★。改めてColtraneの素晴らしさを堪能した私である。それにしても,Pharoah Sandersの演奏は何度聞いても笑える無茶苦茶さ(でも好き:爆)。それに比べれば,Coltraneのソロのなんと真っ当なことか。

Recorded Live  at the Village Vanguard on May 28, 1966

Personnel:John Coltrane(ts, ss, b-cl), Pharoah Sanders(ts, fl), Alice Coltrane(p), Jimmy Garrison(b), Rashied Ali(ds), Emanuel Rahim(perc)

« Bryan Ferry色に染め上げられたカヴァー曲集 | トップページ | 買ってしまったKraftwerk 3-D The Catalogue »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65538073

この記事へのトラックバック一覧です: Coltrane没後50周年。今日は改めて"Village Vanguard Again"を聞く。:

« Bryan Ferry色に染め上げられたカヴァー曲集 | トップページ | 買ってしまったKraftwerk 3-D The Catalogue »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)