2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« やってきました,Pink Floydの回顧展の本とTシャツ。 | トップページ | David Baerwaldのアルバムを久々に聞く。 »

2017年7月10日 (月)

実にユニークなCharlie Parkerトリビュート盤。

"The Passion of Charlie Parker" Various Artists (Impulse)

_20170708これは実にユニークなCharlie Parkerへのトリビュート・アルバムである。プロデューサーのLarry Kleinが書いているように,現代にCharlie Parkerが生きていたら,こういう演奏をしたのではないかというかたちでのインタープリテーションを施し,Charlie Parkerの人生を辿るという趣旨の作品である。よって,典型的なビ・バップ表現で演じられるものではない。

ほぼ全曲でヴォーカリストが加わるとともに,伴奏陣はかなりコンテンポラリーな布陣である。そして作詞を手掛けているのが,懐かしやDavid Baerwaldである。David Baerwaldと言って,わかる人はもはや少ないかもしれないが,David Rickettsと組んだDavid + Davidというバンドでの"Boomtown"という結構いいアルバムや,その後のソロ・アルバムにはJoni Mitchellが1曲だけ参加した"Bedtime Stories"があった。"Bedtime Stories"はLarry Kleinが一部でプロデュースを担当していたから,随分長い付き合いの末の,今回の作詞家としての参加ってことになる。

Charlie Parkerの曲と言えば,バップ・テイストってのがお決まりのパターンなのに対し,ここでの演奏はどちらかと言えば,ソフトでけだるい感じを打ち出していて,結構ムーディだと言ってもよい。この伴奏陣からすれば,もう少し激しい演奏があってもよさそうなものだが,ここは意図的にそういうかたちにしていると思える。それがプロデューサー,Larry Kleinの狙いであり,それは成功していると言ってよいだろう。Billy ChildsによるLaura Nyroトリビュート,"Map to the Treasure: Reimagining Laura Nyro"でも素晴らしいプロデュースぶりだったLarry Kleinの見事な手腕もあり,非常に楽しめる作品となった。

これは普通のトリビュートではないが,こういうのも絶対ありだと思わせるに十分な作品。いいねぇ。星★★★★☆。尚,クレジットでMark Guilianaの名前のスペルがGiulianaと間違って記載されているのはご愛敬。でもそう思っちゃうのも納得なんだよねぇ(苦笑)。

Personnel: Madeleine Peyroux(vo), Barbara Hannigan(vo), Gregory Porter(vo), Jeffrey Wright(vo), Luciana Souza(vo), Kurt Elling(vo), Kandace Springs(vo), Melody Gardot(vo), Camille Bertault(vo), Donny McCaslin(ts), Ben Monder(g), Craig Taborn(p, el-p, org), Scott Colley(b), Larry Grenadier(b), Eric Harland(ds), Mark Guiliana(ds)

« やってきました,Pink Floydの回顧展の本とTシャツ。 | トップページ | David Baerwaldのアルバムを久々に聞く。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65508385

この記事へのトラックバック一覧です: 実にユニークなCharlie Parkerトリビュート盤。:

« やってきました,Pink Floydの回顧展の本とTシャツ。 | トップページ | David Baerwaldのアルバムを久々に聞く。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)