2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ちょっと間が空いてしまったが,出張中に見た映画(17年6月編):「夜に生きる」 | トップページ | Coltrane没後50周年。今日は改めて"Village Vanguard Again"を聞く。 »

2017年7月16日 (日)

Bryan Ferry色に染め上げられたカヴァー曲集

"Taxi" Bryan Ferry(Reprise)

Taxi私はなんだかんだと言って,Roxy Musicだけでなく,Bryan Ferryのアルバムも保有しているのだが,それは偏に彼の作り出すムードが好きだからと言ってもよいかもしれない。このアルバムは最後の1曲を除いて,カヴァー曲集となっているのだが,見事なまでにBryan Ferry色に染められている。

ある程度知られている曲と,そうでもないような曲が混ざっていると思うが,おそらくはオリジナル色は低減され,どれもがBryan Ferryの音楽性の範疇で歌われている。もはやこれはオリジナルをリスペクトするというよりも,Bryan Ferryとしてどう歌うかっていうアルバムである。例えば,Goffin / Kingの"Will You Love Me Tomorrow?"やトラッドの"Amazing Grace"のムードを聞けば,私の言いたいことはわかって頂けるはずである。ある意味,これは強烈な個性と言ってよいものであって,これがBryan Ferryの真骨頂って気もする。

もちろん,人によっては,これはやり過ぎって感じる場合もあるだろう。しかし,私にとっては,このムード優先でいいのである(きっぱり)。ということで,これも久しぶりに聞いたのだが,ずっぽしとBryan Ferryの世界にはまってしまった私である(笑)。星★★★★。私の感じるところをおわかり頂くために,YouTubeにアップされている"Will You Love Me Tomorrow?"の映像を貼り付けておこう。

それにしても,全く結びつきそうもないFlaco Jimenezまで,伴奏に引っ張り出してくるって結構凄いことだよなぁ。

Personnel: Bryan Ferry(vo, p, synth, org), Carleen Anderson(vo), Robin Trower(g), Neil Hubbard(g), David Williams(g), Michael Brook(g), Greg Phillinganes(vib, synth), Chris Stainton(org), David Sancious(org), Flaco Jimenez(accor), Nathan East(b), Steve Pearce(b), Steve Ferrone(ds), Andy Newmark(ds), Mike Giles(ds), Luis Jardim(perc), Maceo Parker(as), Andy Mackey(as), Mel Collins(ts), Richard T. Norris(prog)

« ちょっと間が空いてしまったが,出張中に見た映画(17年6月編):「夜に生きる」 | トップページ | Coltrane没後50周年。今日は改めて"Village Vanguard Again"を聞く。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65513346

この記事へのトラックバック一覧です: Bryan Ferry色に染め上げられたカヴァー曲集:

« ちょっと間が空いてしまったが,出張中に見た映画(17年6月編):「夜に生きる」 | トップページ | Coltrane没後50周年。今日は改めて"Village Vanguard Again"を聞く。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)