最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 全くノーマークだったRalph Towner参加のJavier Girotto盤。 | トップページ | 出張完了。これから帰国。 »

2017年6月 1日 (木)

出張中に見たプロレス・ビデオ(笑)

Img_0003

私が欧州を訪れる機会はそれほど多くなかった。しかし,昨年,ロンドン,ジュネーブと2回訪問し,今回は約7ヶ月ぶりにロンドンからベルリンに出張である。今回はまず羽田からロンドンに飛んだのだが,かなり早い時期からアップグレードのリクエストを掛けていたにもかかわらず,結局アップグレードできずであった。帰路のヘルシンキ〜成田便もまだアップグレードできておらず,かなり期待薄である。まぁ,足を伸ばせる席が取れているので,そんなに問題はないのだが,老体に長時間の移動はきついのである。

足が伸ばせる席なのはいいのだが,シートベルト・サイン点灯中は,機内エンタテインメントの画面が使えないので,ほぼ1時間は無駄になる。そのせいもあって,今回往路は映画は2本だけであった。それについては改めて書くが,そのほかに見ていたのが,新日本プロレスのビデオであった。今回は懐かしの猪木対ストロング小林戦だった。ストロング小林はもともと国際プロレスに所属し,団体のスターとしての位置付けだったはずだが,フリーランスとなっての猪木との対戦を今見ると,体型がスマートな猪木に比べると,小林の体型の鈍重さが際立つ。それでも,古きよき時代のプロレスって感じで結構楽しんでしまった。まぁ,昔のプロレス好きの血が騒ぐってところだろう。その後の昨年のG1クライマックスと比べれば,そもそもプロレスが変質を遂げているのは明らかだ。今のプロレスもそれはそれで面白いのだが,私はファンクス対ブッチャー/シーク組とかで燃えていた世代なので,カウント2.9みたいのが続くより,悪役は悪役として凶器攻撃含め,徹底的に悪役に徹するのも懐かしい気がする。

いずれにしても私も好きだねぇと思ってしまった。

« 全くノーマークだったRalph Towner参加のJavier Girotto盤。 | トップページ | 出張完了。これから帰国。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65346059

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見たプロレス・ビデオ(笑):

« 全くノーマークだったRalph Towner参加のJavier Girotto盤。 | トップページ | 出張完了。これから帰国。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作