2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« もはや裏Fleetwood Macの趣:"Lindsey Buckhingham Christine McVie" | トップページ | 出張中に見た映画(17/5-6月編):3本目は「美女と野獣」 »

2017年6月12日 (月)

メンバー・チェンジ後のOregonの新作が渋くも素晴らしい。

"Lantern" Oregon(CamJazz)

_20170611Oregon久々の新作がリリースされた。前作は"Family Tree"のはずだから,約4年半ぶりってことになるので,結構久しぶりである。その間には,バンドの創設メンバーであるGlen Mooreが脱退するという出来事があったが,今回のアルバムにおいては,Glen Mooreが去ったことの影響はどうかということに関心が向かざるを得ない。しかし,Glen Mooreに代わって加入したのはPaolino Dalla Portaである。Paolino Dalla Portaと言えば,Paolo Fresu Devel Quartetの演奏でも知られるが,私としては,ギターのBebo Ferraとの素晴らしいデュオ・アルバムがあったので,多分大丈夫だろうとは思っていたが,私が想像するよりずっとよいアルバムに仕上がっていると思う。

前作"Family Tree"についてはやや辛めの評価をした私である(記事はこちら)が,今回のアルバムは私が期待する彼ららしい音が出てくるのがまず嬉しい。Ralph Townerのオリジナルを中心とした曲から構成されているが,2曲目には先日このブログでも取り上げたJavier Girottoのアルバムでも演奏していた"Duende"が収録されているが,GirottoのアルバムでもTownerはいいところを聞かせていた(記事はこちら)ものの,演奏の出来ははるかにこちらの方がいいように思える。

3曲目はMark Walkerによる"Walk the Walk"であるが,ちょっと聞いた感じではPat Metheny Unity Groupのようにも聞こえるのは面白いが,そこでも聞かれるRalph Townerのピアノの見事さには触れておかねばなるまい。ソロにしても,バッキングにしても,実に大したものであり,うまいねぇと思わせる。ギターが素晴らしいのはもちろんだが,ピアノも一流なのはEgberto Gismonti同様である。

そして,注目のPaolino Dalla Portaであるが,実にいい音を出していて,それがOregonというバンドのサウンドにジャスト・フィットと言っていいだろう。Glen Mooreの脱退の影響はほとんどないと言ってもよい。これならば,今後のバンド活動も安心である。

全体を通して聞けば,コレクティブ・インプロヴィゼーションのようなタイトル・トラック"Lantern"はどうなのよ?って気がしないでもないが,徐々に盛り上がりを示して,そんなに悪くもないかと思わせるし,更には最後をトラッドの"The Water Is Wide"で締めるってのは,演奏はちょいと緩いものの,決まり過ぎでしょう(笑)。いずれにしても,長年のOregonのファンが聞いてもおそらくは納得のいく,渋くも素晴らしい新作である。星★★★★☆。

Recorded on November 28-30, 2016

Personnel: Paul McCandress(oboe, english horn, ss, b-cl), Ralph Towner(g, p, synth), Paolino Dalla Porta(b), Mark Walker(ds, perc, ds-synth)

« もはや裏Fleetwood Macの趣:"Lindsey Buckhingham Christine McVie" | トップページ | 出張中に見た映画(17/5-6月編):3本目は「美女と野獣」 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65397844

この記事へのトラックバック一覧です: メンバー・チェンジ後のOregonの新作が渋くも素晴らしい。:

« もはや裏Fleetwood Macの趣:"Lindsey Buckhingham Christine McVie" | トップページ | 出張中に見た映画(17/5-6月編):3本目は「美女と野獣」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)