最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Return of 中年音楽狂とマレーシアの夜のご報告 | トップページ | Enrico Pieranunzi入りMads Vinding Trioの未発表ライブ現る。これは悪いわけない。 »

2017年6月26日 (月)

出張中に見た映画(17/6編):まずは"Hidden Figures"を挙げておこう。

"Hidden Figures" ('16,米,Fox)

Hidden_figures監督:Theodore Melfi

出演:Teraji P. Henson,Octavia Spencer, Janelle Monáe,Kevin Costner,Kirsten Dunst

まだ,前回の欧州出張の時に見た映画のレビューもアップできていないのだが,今回のシンガポール~アジア出張で見た映画を先にアップしよう。今回は往路で2本,復路で1本だが,そのうち1本は「ローグ・ワン」の再見なので,記事にアップするつもりはない。まずは復路で見たこの映画を取り上げよう。

この"Hidden Figures"という映画は,今年の9月に日本でも「ドリーム」というタイトルで公開予定であるが,残念ながら,作品の話題性という観点では,おそらく多くの人の目に触れることはないだろうと思える。しかし,非常に見た後に心地よい感覚を残す映画で,無視するにはもったいないと思える作品なのだ。

要は,黒人がまだ差別されている頃,NASAの宇宙計画において,大きな役割を果たした黒人女性3人の姿が描かれている。ある意味,人種差別とその克服という要素でヒューマニズムに訴求し,その一方でマーキュリー計画という宇宙開発において,彼女たちがどのように貢献したかという要素により,ストーリーにメリハリをつけている。人種差別を描いた映画としては「グローリー/明日への行進("Selma")」があるが,"Selma"のシリアスさに比べれば,はるかに気楽に見られるところも,機内エンタテインメントとしては適切なのだ。

この映画は,黒人,しかも女性が宇宙計画の中で果たした重要な役割を描くことで,いかにもアメリカの知性派を喜ばせる映画だと思える。実際にどの程度までこうした差別的な対応がNASAの中に存在したのかはわからないとしても,こうした現実があったということは,今の世の中ではなかなか信じがたいが,これが歴史の現実というものとして,その重みは感じなければならない。

やや脚本に性急さやCGとストーリーのギャップが見受けられるのも事実だが,この尺に収め,現代においてこうした背景を描くには,ある程度仕方がないことである。むしろ,実話の持つ事実と,演技陣の適切なキャスティング,手堅い演出が相まって,私にとっては大いに楽しめる映画となった。本当は日本でもこういう映画がヒットすればいいなぁと思える一本。星★★★★☆。私にとっては,こういうのをいい映画と言う。

« Return of 中年音楽狂とマレーシアの夜のご報告 | トップページ | Enrico Pieranunzi入りMads Vinding Trioの未発表ライブ現る。これは悪いわけない。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65456434

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(17/6編):まずは"Hidden Figures"を挙げておこう。:

« Return of 中年音楽狂とマレーシアの夜のご報告 | トップページ | Enrico Pieranunzi入りMads Vinding Trioの未発表ライブ現る。これは悪いわけない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作