2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 久々に聞いた"Aparis" | トップページ | Deodatoがオケと共演するという,いかにもな企画のアルバム »

2017年5月 2日 (火)

ジョンアバの"Timeless",若い頃はJan Hammerに反応してたいた私。

"Timeless" John Abercrombie (ECM)

Timeless今回も,ECM掘り起こし(笑)である。

私が高校生の頃だったと思うが,このアルバムについて耳にしたことがあった。まだECMレーベルの音楽になんの関心もない頃だったが,それは偏に,本作に参加しているJan Hammerのおかげである。

私が高校生の頃と言えば,私はジャズを聞き始めた頃で,まだ聞いている音楽の主体はロックであり,Jeff Beckのアルバムにしびれている頃である。具体的には"Blow by Blow"であったり,"Wired"であるわけだが,音楽好きの友人たちと話していて,本作の話になったはずである。なんてたって,"Wired"に参加のJan Hammerが入ったギタリストのアルバムである。若者が気になるのも仕方ない。しかし,当然のことだが,リーダー,ジョンアバも,Jack DeJohnetteも知らない頃である。無知とはある意味恐ろしいねぇ。

そんな本作を実際に耳にするまでは,結構時間が掛かったはずで,多分,ジャズ喫茶でも聞いたことはなく,自分で買って初めて聞いた感じだったのではないか。改めて,今回聞いてみて,冒頭のJam Hammerオリジナルの"Lungs"の冒頭こそは激しくやっているが,サウンド的にはそんな強烈ってわけではない。しかも,そうは言っても編成が編成だけに,少々時代を感じさせる部分があるのは事実である。特にジョンアバのギターのサウンドは,70年代っぽい音になっているのは,今となってはご愛敬。

本作が,ジョンアバにとってのECMでの初リーダー作(キャリア上もかもしれない...)のはずだが,それ以来40年以上,ECMの専属みたいになっているのだから,よほど総帥,Manfred Eicherに気に入られているんだと思う。まぁ,ここで披露されるジョンアバのオリジナルを聞けば,そういうのもうなずけるってところだろう。星★★★★。

Recorded on June 21 & 22, 1974

Personnel: John Abercrombie(g), Jan Hammer(org, synth, p), Jack DeJohnette(ds)

« 久々に聞いた"Aparis" | トップページ | Deodatoがオケと共演するという,いかにもな企画のアルバム »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

ECMの初期の方のアルバムって、未CD化のものは聴いてませんけれど、けっこう印象が強いアルバムが多かったように感じます。このアルバムもその一つで、最近聴いてなくても、演奏の雰囲気がよみがえります。やはりメンバーがメンバーなので、ロックっぽかった印象はありました。

TBさせていただきます。

910さん,続けてこんばんは。こちらもTBありがとうございます。

このアルバムはロック的なフレイヴァーを持っていますが,そうでない曲もあって,なんだかんだ言っても,色々なタイプの曲が揃っていますね。最近ではこういうタイプの音はあまりないと思いますが,本作を聞いていると,ECMに歴史ありって感じがしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65208652

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンアバの"Timeless",若い頃はJan Hammerに反応してたいた私。:

» Timeless/John Abercrombie [ジャズCDの個人ページBlog]
Timeless/John Abercrombie(G)(ECM 1047) - [続きを読む]

« 久々に聞いた"Aparis" | トップページ | Deodatoがオケと共演するという,いかにもな企画のアルバム »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)