最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Stan Getzが好きだとか言いながら,あまり記事は書いてないってことで,今日は"Sweet Rain"。 | トップページ | "Virtuoso":このアルバムも久しぶり過ぎていつ以来なのかわからない。 »

2017年5月11日 (木)

Stan Getzの"The Master":今や簡単に手に入るが,ずっと廃盤状態だったんだよねぇ。

"The Master" Stan Getz(Columbia)

_20170504またまたStan Getzである。このアルバムはそもそも1975年に録音されながら,リリースされたのは1982年という,お蔵入りアルバムと言ってよいような作品である。まぁ,当時はフュージョン全盛期と言ってよいから,こういったストレートなアルバムをリリースしても売れないという判断もあったかもしれないが,実はなかなか快調なGetzを収めた作品である。

録音からリリースされるまで時間が掛かっただけでなく,このアルバムは,実は結構見つけるのが難しい時期が長かったように思う。だから,私はGetzのColumbiaのコンプリート・ボックスに本作が入ってリリースされた時に,速攻でゲットしたのだが,今や廉価盤でも簡単に手に入るのだからいい時代である。

Stan Getzはリリシズムを感じさせるソロ・フレーズやソフトな音色が一つの個性とも考えられるが,もちろんそれだけの人ではなく,ハード・ドライヴィングな演奏もやろうと思えば,当然やれる。本作もバラッドは"Lover Man"1曲に留め,ハードなStan Getzのブローイングが楽しめる作品である。突出したところはないとしても,絶対平均点は上回るGetzらしい作品という感じであるが,珍しいのはRalph Towner作の"Raven's Wood"のような曲をやっていることだろうか。そうした曲への目配りが聞いているところが,Getzの審美眼と言ってもよいと思う。

まぁ,Getzにしてみれば,一丁上がりみたいな感じで作れてしまうアルバムかもしれないが,それでもこのクォリティを保っているなら文句はないってところ。星★★★★。

Recorded on October 1, 1975

Personnel: Stan Getz(ts), Albert Dailey(p), Clint Houston(b), Billy Hart(ds)

« Stan Getzが好きだとか言いながら,あまり記事は書いてないってことで,今日は"Sweet Rain"。 | トップページ | "Virtuoso":このアルバムも久しぶり過ぎていつ以来なのかわからない。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65234509

この記事へのトラックバック一覧です: Stan Getzの"The Master":今や簡単に手に入るが,ずっと廃盤状態だったんだよねぇ。:

« Stan Getzが好きだとか言いながら,あまり記事は書いてないってことで,今日は"Sweet Rain"。 | トップページ | "Virtuoso":このアルバムも久しぶり過ぎていつ以来なのかわからない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)