2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 中古でゲットしたGary Peacock盤から,まずは"December Poems"。 | トップページ | 出張中に見たプロレス・ビデオ(笑) »

2017年5月31日 (水)

全くノーマークだったRalph Towner参加のJavier Girotto盤。

"Duende" Javier Girotto Aires Tango with Ralph Towner(CAM Jazz)

_20170528_5私はRalph Townerのかなりのファンである。さすがに多作のOregonまで全部フォローはしていないが,ECMにおけるTowner名義のアルバムは全部保有しているし,Townerが参加しているアルバムもECMだけでなく,できるだけチェックするようにしている。

とは言え,全然知らないアルバムもあるわけで,これは昨年リリースされたものらしいが,存在をRalph TownerのFacebookファン・ページで知って発注したもの。リーダーのJavier Girottoのことは知らないので,ギャンブル的なところはあったが,まぁいいやってことで。本作は全12曲が収められているが,奇数曲がTownerのオリジナルで,Ralph Townerは自作にのみ参加である。

Javier Girottoはアルゼンチン生まれながら,現在は欧州を拠点とするサックス奏者で,このAires Tnagoは結成して20年以上になるらしいが,バンド名称からも想像できる通り,タンゴ的な色彩を感じさせるメロディ・ラインを持っている。しかし,私の中では単語と言えば,どうしてもAstor Piazzollaが基本になってしまうので,哀愁を帯びたメロディだけでは納得がいかない。そういう意味で,Javier Girottoのオリジナルは,私にはテンション,パッションが足りない部分があるのは事実である。そういうこともあって,私の関心はどうしてもRalph Towner参加曲に向いてしまうのは仕方がないことである。

どうせなら,Ralph Towner全面参加として欲しかったところだが,贅沢は言わないとしても,やはり曲としての魅力からしても,Ralph Townerに依存するところ大のアルバムと言ってよい。冒頭のTowner作のタイトル・トラックの最初を聞いただけで,おぉっ,と思ったのは早とちりであったが,Ralph Townerのファンであれば,聞いておいて損はない。どういう縁があっての共演だったかはわからないが,Oregon的室内楽的アプローチを想像しておいてもらえば,印象が大きくはずれることはないが,Oregonとはイメージは結構違う。しかし,Oregonの新譜のリリースを控える中,それに向けての準備運動と考えることにしよう。奇数曲星★★★★,偶数曲星★★☆で甘めの星★★★☆ってことにしておく。

Recorded on September 21, 22 and 23, 2016

Personnel: Javier Girotto(ss), Alessandro Gwis(p, sampler, electronics), Marco Siniscalco(el-b), Michele Rabbia(ds, perc)

« 中古でゲットしたGary Peacock盤から,まずは"December Poems"。 | トップページ | 出張中に見たプロレス・ビデオ(笑) »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65339738

この記事へのトラックバック一覧です: 全くノーマークだったRalph Towner参加のJavier Girotto盤。:

« 中古でゲットしたGary Peacock盤から,まずは"December Poems"。 | トップページ | 出張中に見たプロレス・ビデオ(笑) »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)