2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Gordon Goodwin's Big Phat Band@Blue Note東京参戦記 | トップページ | Wayne Krantzの初リーダー作,"Signals"を改めて聞く。 »

2017年5月22日 (月)

Micheal FormanekのEnja作にはWayne Krantzの名が...。

"Wide Open Spaces" Michael Formanek (Enja)

_20170514_2先日,Michael FormanekのECM作"Small Places"を取り上げて,どうもピンと来ない感じがしていた私だが,いろいろネットを徘徊してて,彼のEnjaのアルバムにWayne Krantzが参加していることを知り,どうしても聞きたくなってしまった。しかし,某サイトでは飛んでもない値段がついていて,何じゃそれはと思っていたのだが,eBayではお手頃価格で出ているではないか。価格の落差に踊りきつつ,eBayで発注してゲットした私である。

私の関心事はほとんどWayne Krantzがこのアルバムが録音された90年当時,どういう演奏をしているかに尽きる。そもそもWayne KrantzとEnjaレーベルのつながりは結構深く,本人の初リーダー作"Signals"も同レーベルからであったし,Leni Sternとの共演作などもあった。"Signals"の録音は90年5~6月,本作はそれを更に数カ月遡るが,リーダー作録音に向けての素地は整っていたということかもしれない。まぁ,そうは言っても,キャリアとしてはまだ初期の頃のWayne Krantzである。その後のギター・サウンドとは異なり,まだまだ普通のプレイぶり(笑)である。

そして,Michael Formanekであるが,この頃から硬派な音楽である。そもそも編成が変わっているし,Greg Osbyが参加していることからしても軟弱になりようがない(爆)。冒頭の"Edge to Edge"からして,非常にスリリングなサウンドであり,大いに期待を持たせるが,あっという間に終わってしまう。そもそも全15曲で55分弱というのが,曲数が多い感覚があるが,最長でも9曲目"Home, at Home"で8分35秒である。そして,色々なタイプの曲が並んでおり,一種のコンセプト・アルバムのように捉えることも可能かもしれない。リーダーもライナーでは"Each piece is like another chapter, and what unifies them is a basic set of themes that comes from a kind of central place. All the music is connected to that in very vague ways."なんて言っているし。

そんなわけで,アルバムとしては,それなりに聞きどころはあるのだが,私としては"Edge to Edge"のような曲で押してもよかったのではないかと思う。更に,このアルバムにはヴァイオリンのMark Feldmanが参加しているが,私はFeldman抜きのクァルテットでも面白かったのではないかと思う。いずれにしても,Wayne Krantzの楽歴を振り返る上では,これはこれで聞いておいて損はないと思える作品。まぁ,全体評価としては星★★★☆ぐらいだろう。

Recorded on January 25 & 26,1990

Personnel: Michael Formanek(b), Greg Osby(as, ss), Wayne Krantz(g), Mark Feldman(vln), Jeff Hirshfield(ds)

« Gordon Goodwin's Big Phat Band@Blue Note東京参戦記 | トップページ | Wayne Krantzの初リーダー作,"Signals"を改めて聞く。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65278759

この記事へのトラックバック一覧です: Micheal FormanekのEnja作にはWayne Krantzの名が...。:

« Gordon Goodwin's Big Phat Band@Blue Note東京参戦記 | トップページ | Wayne Krantzの初リーダー作,"Signals"を改めて聞く。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)