最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Aaron ParksのECM第2作は何とも美的。 | トップページ | Michael Formanekの"Small Places":これも買ってからほとんど聞いてなかったかもなぁ。 »

2017年5月 8日 (月)

ECMからクリポタの新作がリリース。これが実によい。

"The Dreamer Is the Dream" Chris Potter(ECM)

The_dreamer_is_the_dreamECMレーベルからクリポタの新作がリリースされた。"The Sirens","Imaginery Cities"に続く第3作はクァルテット編成である。振り返ってみれば,ECMからクリポタがアルバムを出すと聞いた時に,Undergroundで聞かせるようなイケイケ感と,ECMのレーベル・カラーが合わないのではないかと思わせたのは,"The Sirens"の記事をアップした時にも書いた(記事はこちら)。しかし,ECMの総帥,Manfred Eicherが評価したのは,激しくブロウするクリポタというよりも,トータルなミュージシャンとしてのクリポタだと思わせた。

今回の新作においても,冒頭の"Heart in Hand"から,非常にメランコリックな響きに満ちている。しかし,James Farberの見事なエンジニアリングもあって,クリポタの本質と言うべき,サックスの音色が捉えられていると思える。2曲目の"Ilimba"においては,こちらが期待するようなクリポタ的なフレージングを聞かせて嬉しくなってしまうし,随所にクリポタらしさも表れている。その一方で"Memory And Desire"のような曲では,室内楽的な響きすら感じさせ,クリポタの音楽性の広さが聞いて取れる。

一聴して,クリポタ的イケイケ感は,それほど強くないとしても,アルバム全体を通して聞いてみると,これは実によくできていると思ってしまうようなアルバムである。この感覚,ここにも参加しているJoe Martinの2009年作"Not by Chance"を思い出させる(記事はこちら)。本作のメンツは"Not by Chance"のピアノをBrad MehldauからDavid Virallesに代えたものだが,一聴しただけでは地味に聞こえるのだが,"Not by Chance"のじわじわ来るよさと同じような感じを思い出させる。

いずれにしても,クリポタのミュージシャンとしてしての質の高さを十二分に捉えたアルバムとして,私は本作を高く評価したい。ECMのアルバム前2作もよくできていたと思うが,静的な部分とダイナミズムを兼ね備えた作品として,私はこれが一番いいように思う。ということで,クリポタにはついつい甘くなり,星★★★★★。

尚,クリポタのクレジットにあるilimbaというのは,カリンバに似たタンザニアの民族楽器らしい。へぇ~(笑)。

Recorded in June 2016

Personnel: Chris Potter(ts, ss, b-cl, cl, fl, ilimba, samples), David Viralles(p, celeste), Joe Martin(b), Marcus Gilmore(ds, perc)

ついでながら,この演奏よりもっと激しいクリポタをご所望の皆さんのために,Snarky Puppyのライブに乱入したクリポタの映像を貼り付けておこう。画像が揺れるのがちょいと気持ち悪いが,これは激しいでっせ(笑)。

« Aaron ParksのECM第2作は何とも美的。 | トップページ | Michael Formanekの"Small Places":これも買ってからほとんど聞いてなかったかもなぁ。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

クリスポッターは他レーベルなら、音圧をもっと上げて、賑やかなミキシングにしてたでしょうね。内容的には良かったでしたが。でも逆に言うと、こういう曲はECMじゃないと出てこないような気もするので、やっぱりこれがいい、という結論です。

TBさせていただきます。

910さん,更にこんばんは(笑)。こちらもTBありがとうございます。

このアルバム,明らかに"Lift"やUndergroundとは異なるものでしたが,アルバムとしての出来は非常にいいと思いました。これも偏にEicherの美学って気もしますが,それにしてもいいアルバムを作るもんです。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

閣下、トラバありがとうございました。

お褒めいただけて光栄です。笑
私もジョー・マーティンのリーダー作がとても気に入っているので、、
楽しみにしていたあるばむです。
そして、ECMにしたらかなり熱い部分もあるわけですが、その辺は総裁の采配にまかせていていいのかな、って、おもいます。
クリポタは相変わらず、密度の高い音で幸せでした♪

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

おっしゃる通り,ECMとしては熱い展開もあるとは言え,Snarky Puppyとの演奏を見た後だと,地味に思えます(爆)。しかし,これは作品としては非常によくできていて,私としては高く評価したいと思っています。いずれにしても,Eicherはクリポタの本質を理解しているってことが証明されていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65237924

この記事へのトラックバック一覧です: ECMからクリポタの新作がリリース。これが実によい。:

» The Dreamer Is The Dream/Chris Potter [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き3日目。今回手持ちの5枚の中で、これが一番聴きたかったので [続きを読む]

» 今回も知力体力と無敵なクリポタ♪ 『Dreamer Is The Dream / Chris Potter』 [My Secret Room]
クリス・ポッター、ことクリポタさまの『The Sirens』、『Imaginar [続きを読む]

« Aaron ParksのECM第2作は何とも美的。 | トップページ | Michael Formanekの"Small Places":これも買ってからほとんど聞いてなかったかもなぁ。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)