2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 日野元彦の"Sailing Stone":このアルバムが出た頃は驚いたものだ。 | トップページ | Wolfert Brederode Trio@武蔵野スイングホール参戦記 »

2017年5月16日 (火)

Avishai CohenによるECM第2作もいい出来である。

"Cross My Palm with Silver" Avishai Cohen(ECM)

_20170514Avisha CohenがECMからアルバム"Into the Silence"をリリースしたことには驚かされたが,ECM的なサウンドになっていたのにも驚かされたのが昨年の早春のことである。それから約1年強のインターバルでアルバムがリリースされることは,Avisha CohenがManfred Eicherの審美眼に適ったってことだろうが,今回もECM的な魅力に満ちたアルバムとなっている。

そもそも私は,ラッパのワンホーンという編成が結構好きなので,それだけでもポイントが高いが,この静謐な中にも,相応のダイナミズムを共存させるAvishai Cohenのトランペットの響きには,心惹かれてしまう。こうした響きは,以前であれば,Thomaz Stankoあたりがこういう音を出していたかなぁなんて気もするが,最近彼のアルバムも聞いていないので,正しいかは自信がない(苦笑)。

それはさておき,ここでのAvishai Cohenのトランペットの響きが何とも魅力的に捉えられている。よくよく見れば,これもAaron Parksの新作同様,フランス南部にあるPernes-les-Fontainesという都市の,Studios Ls Buissonneなるスタジオで,Gerald de HaroとNicolas Baillardのコンビのエンジニアリングによって録音されている。ということは,今後はこのフォーメーションがECMの録音でも増えていくということなのかもしれないが,今回も見事なまでにECM的サウンドである。

Avisha Cohenを支える3人も,出過ぎたところなく,バックアップに徹している感覚もあるが,もし,Nasheet Waitsがバンバン叩いていたら,こういうサウンドにはなりえない。Fred HerschともやっていたWaitsのことである。ちゃんとわかっているってことだろう。全編を聞いても,一貫性が保たれていて,これはやっぱりよくできていると思う。星★★★★☆。

YouTubeに本作の予告編のような映像がアップされていたので,貼り付けておこう。映像で見るとまた別の印象を与えるねぇ。

Recorded in September 2016

Personnel: Avishai Cohen(tp),Yonathan Avishai(p), Barak Mori(b), Nasheet Waits(ds)

« 日野元彦の"Sailing Stone":このアルバムが出た頃は驚いたものだ。 | トップページ | Wolfert Brederode Trio@武蔵野スイングホール参戦記 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

かなり雰囲気が出ていていいですが、それはやはりこのメンバーによるところが大きいのでしょうね。静かな中でも時折饒舌なトランペットも良いし、モーダル的というのか、バックの少しドロドロ具合(?)もあまり懐古的ではないし、いい感じです。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

確かにモーダルなアプローチの中で,静謐な音場の中でAvishai Cohenの鋭いトランペットが響く瞬間はぞくぞくしますよねぇ。これってやはりマジカルなのではないかと思いますが,Eicherマジック炸裂ってところですかね。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65278499

この記事へのトラックバック一覧です: Avishai CohenによるECM第2作もいい出来である。:

» Cross My Palm With Silver/Avishai Cohen [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き5日目で一段落。アヴィシャイ・コーエン(トランペット)の新 [続きを読む]

« 日野元彦の"Sailing Stone":このアルバムが出た頃は驚いたものだ。 | トップページ | Wolfert Brederode Trio@武蔵野スイングホール参戦記 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)