2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Electric Miles Band@Billboard Live Tokyo参戦記 | トップページ | Venusレーベルは嫌いだが,これならまぁ許す:Giovanni Guidiの初リーダー作? »

2017年4月 9日 (日)

目黒川の桜:随分満開になるのに時間はかかったが,今年もこの季節。

2_3

桜の季節になると,目黒川と言えば,中目黒界隈の無茶苦茶な人出が話題になるが,何も目黒川の桜は中目黒だけが美しいのではない。中目黒から,五反田,大崎方面に歩いてくれば,非常に美しい桜並木が毎年楽しめる。

今年は当初の東京の満開予定は4/1だったのだが,寒の戻りで,開花が随分遅れたこともあり,私の家の地元の目黒川の桜はこの週末にようやく満開となったという感じである。相変わらず綺麗なものだと思うが,見ごろも今日あたりから数日が最後かなって気がする。もちろん,葉桜は葉桜で風情はあるのだが,この桜並木には本当に毎年癒される。

ということで,近所で撮影した桜の写真の露出等をいじったものをアップするが,少しでも皆さんの目の保養になれば幸いである。

1_2

« Electric Miles Band@Billboard Live Tokyo参戦記 | トップページ | Venusレーベルは嫌いだが,これならまぁ許す:Giovanni Guidiの初リーダー作? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

綺麗ですね

でも実際は写真よりも
もっときれいですよね

私は群馬の田舎なので
よく桜を写真に撮りますが

写真では桜の良さがどうしても半減されます
写真に撮れないのが桜の良さなのかも?なんてw

Kさん,おはようございます。

全くおっしゃる通りです。桜は開花した瞬間や,その花のはかなさを愛でるべきであって,写真に撮っても,その本質は捉えきれないと思います。

この記事にアップした写真はスマホで撮影して,画像調整したものですが,やはり実際に見るものとは違いますね。だいぶクリアな画像にはしたと思いますが,それはそれで本質とは違うものになっているかもしれません。

まぁ,今の家に引っ越して以来,毎年恒例で撮影していますが,印象は大きく変わりませんね。川幅がもう少し狭い中目黒界隈ですと,多分印象も違うと思います。でも人が多過ぎて行く気はしませんが(笑)。

 やはり目黒川の桜は見事ですね。今年は確かに遅かったですね。
 私はローカルに生息してますが・・・、かってはカメラもフィルム時代は凝ってまして、暗室作業も楽しんでいました。その当時目黒郵便局近くの三〇カメラによく上京する度に足を運んだのですが、あの目黒川の桜には感動しました。
 カメラもデジタル機時代になって、興味は失せてしまい最近は全く目黒には行かなくなってしまいましたが、相変わらずの美しさに見とれました。
 これはスマホ写真ですか?、カメラ・メーカーも大変なのがよく解ります。そうそうCDも売れなくなって・・・・時代は変わりつつありますね。

風呂井戸さん,こんばんは。

貴ブログには素晴らしい写真がアップされているだけにお恥ずかしい限りです。今回は,本当に我が家の近所でしか撮影していませんが,感覚的にはもっと綺麗なところはありますね。

この写真はiPhone7で撮影して,iPhone上で露出や色目を調整したものです。当ブログにアップしているライブの写真も同様のプロセスによるものです。本当に最近のスマホのカメラ性能は恐ろしいです。私のデジタル一眼はずっと眠ったままですし(爆)。まぁ,使う機会もあまりないんですけど。

でもLPも復活していますからねぇ。フィルム・カメラの復活は難しいかもしれませんが,何が起こるかわかりません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65124140

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒川の桜:随分満開になるのに時間はかかったが,今年もこの季節。:

« Electric Miles Band@Billboard Live Tokyo参戦記 | トップページ | Venusレーベルは嫌いだが,これならまぁ許す:Giovanni Guidiの初リーダー作? »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)