2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ECMにおけるGary Burtonの未CD化作品:別に悪くはないんだけどねぇ。 | トップページ | 目黒川の桜:随分満開になるのに時間はかかったが,今年もこの季節。 »

2017年4月 8日 (土)

Electric Miles Band@Billboard Live Tokyo参戦記

Electric_miles_bandblt

Miles Davisのバンドに在籍したメンバーが集って,エレクトリック期のMilesナンバーを演奏するという企画自体はわからないわけではない。私もエレクトリック期のMilesのアルバムはブートレッグを含めて,相当量聞いているので,興味もあるところでライブに参戦してきた。

結論から言えば,演奏自体には全く破たんはないし,メンバーそれぞれにスポットライトを当てるというのはこうしたバンドとしては当然のことだろう。だが,演奏を聞いていて,どうにもゆるい。より端的に言えば,緊張感に乏しいのである。典型的な「昔の名前で出ています」的な演奏と言えばいいだろうか。先日のLevel 42の演奏が,現役感バリバリで,かつエンタテインメントだったのに対し,どうも「お仕事」的な感覚が強い。

正直言って,客入りも芳しくはない中,演奏に対する受けが悪いのは,聴衆が期待するようなテンションを発露できなかったからだと思う。各々のソロとかに問題があるというわけではない。結局のところ,Milesのにらみが効いていなければ,同じようなメンツで,同じような曲をやっても全然違うものにしかならないという,当たり前と言えば当たり前のような事象が発生していたのである。結局,私はライブの間,Milesは偉大だったと思わざるを得なかったというのが正直なところである。

より今日的な部分を示そうと思えば,DJ Logicをもっとフィーチャーするということもできたはずだが,DJ Logicについてはほとんど見せ場もなく,一番可哀そうだったのは彼だと思えた。バックで,ゆるゆるにターンテーブルを回しているだけでは,DJとしての力は全然発揮のしようがなかったというところである。ここにDarryl Jonesがいたことは驚きではあったが,Rolling Stonesの仕事がない時はこういう演奏をしてるってことかもしれないが,それにしても,昔のようなファンク・フレイヴァーをもっと聞かせてもよかったと思う。

ということで,ライブが全部が全部当たりになることはないが,これははっきり言って残念ながらはずれの演奏であった。ライブ終了後,つくづくMiles本人の演奏が聞きたくなっていた私である。

Live at Billboard Live東京 on April 7, 2017

Personnel: Vince Wilburn Jr.(ds), Munyungo Jackson(perc), Blackbyrd McKnight(g), DJ Logic(turntable), Robert Irving Ⅲ(key), Greg Spero(key), Antoine Roney(ss, ts, b-cl), Darryl Jones(b), Debasish Chaudhauri(tabla), Etienne Charles(tp)

« ECMにおけるGary Burtonの未CD化作品:別に悪くはないんだけどねぇ。 | トップページ | 目黒川の桜:随分満開になるのに時間はかかったが,今年もこの季節。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65124019

この記事へのトラックバック一覧です: Electric Miles Band@Billboard Live Tokyo参戦記:

« ECMにおけるGary Burtonの未CD化作品:別に悪くはないんだけどねぇ。 | トップページ | 目黒川の桜:随分満開になるのに時間はかかったが,今年もこの季節。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)