最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Sonny Stittのアルトが歌う"Pen of Quincy" | トップページ | 知らぬ間にリリースされていたJeff Lorber Fusionの新作を聞く。 »

2017年4月24日 (月)

ECMからリリースされたDominic Millerのアルバム。

"Silent Light" Dominic Miller (ECM)

_20170423このアルバムのリリースが告知された時,「へぇ~,Dominic MillerがECMなんだ」と思ったのが正直なところである。私の中では,Dominic Millerと言えば,長年,Stingのバックを務めてきたイメージが強いが,そんな彼がECMからアルバムをリリースするというのは正直意外であった。だが,ECMは最近はそうでもないが,初期のアルバムにはギタリストのアルバムが多数あったし,Manfred EicherがDominic Millerの演奏に,レーベルとのフィット感を見出だしたということであろう。

そして,このアルバムであるが,難しいところはなく,極めて聞き易く,その一方で美的な感覚もあるアルバムとなっている。こういう音楽は昼間に聞くよりも,夜が更けてから,タイトル通り,"Silent Light"に照らされながら,静かに聞くのがぴったりという感じの曲が並んでいる。曲はStingの"Fields of Gold"を除いて,Dominic Millerのオリジナルであるが,"Baden"なんて曲からして,Baden Powellに因んだものと思わせるボサノバ・タッチを聞かせるところもあり,,これはECMファンならずとも,訴求力の高いアルバムだと思わせる。

このアルバムがECMレーベルにとって,珍しいなぁと思わせるのが,StingとPaul Simonがライナーにコメントを寄せていることだろう。それがDominic Millerのこれまでのキャリアを示していることにもなるが,その一方で面白いのが,Dominic Millerが最初はEgberto Gismontiの"Solo"とPat Metheny Groupの"Off Ramp"の中間を行くような音楽を最初は作りたいと思っていたらしいことである。ライナーによれば,EicherとMillerでいろいろなメンバー構成を考えていたらしいのだが,スケジュールが折り合わないとかの理由により,結局,ソロ+αのような構成に行きついたということだが,静謐な中に,オーバーダビングも含めて,トリオ編成で演奏される"Chaos Theory"を聞くと,現在,トリオ編成で来日している演奏も気になってくるところだが,私はスケジュールが合わず,見に行けないのが残念である。

いずれにしても,しびれるような美学という感じではないが,多くの人に抵抗なく受け入れられることが可能であろうと思わせる佳作。星★★★★。

Recorded in March 2016

Personnel: Dominic Miller(g, el-b), Miles Bould(perc, ds)

« Sonny Stittのアルトが歌う"Pen of Quincy" | トップページ | 知らぬ間にリリースされていたJeff Lorber Fusionの新作を聞く。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

ドミニク・ミラー、調べれば調べるほどロックやポップスの世界では有名なんですよねえ。そういう人をECMでアルバムを出させてしまうというのも意外でしたが、結果オーライの、まさにECM的世界でした。けっこう広く売れるんじゃないかな、という内容です。

TBさせていただきます。

910さん,おはようございます。TBありがとうございます。

そうですね。知ってる人は知ってる名前ですね。そんなDominic MillerとECMは簡単には結びつきませんが,レーベル・カラーにはばっちりフィットしてますね。思うに,この人,人のバックと自分のアルバムで,かなりタイプが違うようにも思いますが,本当にに聞きゃすいアルバムでした。

私はかれこれ10年ぐらいドミニク・ミラーに惚れ込んでいますが、彼のFirst AlbumであるFirst Touch(Zsofia BorosがECM1枚目で演奏しているEclipseはドミニクの曲でFirst Touchの1曲目に収められています)やfourth albumのFourth Windは、今回と余り雰囲気は変わらない静謐でシンプルですよ。その意味では、いつECMにやってくるのかと心待ちにしていました。Badenなどは以前のアルバムに収められています。このシンプル且つ誰でも出せそうな感じの音なのですが、何度聞いても飽きない音は、若い頃にフィル・コリンズにアドバイスを貰ったのだとか。私が生で聞いた中でも本当に上手いギタリストでした。

カビゴンさん,こんにちは。

確かにDominic Millerのソロ・アルバムとの近似性はありますよね。私の場合は,基本的にStingのバックのイメージになりますが,今度ストリーミングでソロ作を改めて聞いてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65186538

この記事へのトラックバック一覧です: ECMからリリースされたDominic Millerのアルバム。:

» Silent Light/Dominic Miller [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの新譜が届いたので聴いてみました。ECMはあと1か月で6枚新譜が出るようで [続きを読む]

« Sonny Stittのアルトが歌う"Pen of Quincy" | トップページ | 知らぬ間にリリースされていたJeff Lorber Fusionの新作を聞く。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)