2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« お約束通り,今日は"Massacre"である(笑)。 | トップページ | ストレート・アヘッドなMike Sternもまたよしってことで。 »

2017年4月21日 (金)

全盛期からはずれたBud Powellもまたよしってことで。

"Bud Plays Bird" Bud Powell(Roulette)

_20170415_3Bud Powellの全盛期は1940年代後半から50年代の初頭ぐらいってことは誰もがわかっていることではあるが,その頃の演奏はテンションが高過ぎて,早々しょっちゅうは聞きたいと思わないというのも事実である。だから,私の知り合いにも,ちょっと枯れた味わいの"Bud Powell in Paris"あたりがいいという人が多いのも,実はうなずける話である。

このアルバムは,Bud Powellが1957年後半から58年初頭にかけて録音していながら,ずっと未発表となっていた音源を発掘したものだが,特徴はタイトル通り,Charlie Parkerゆかりの曲ばかりが演奏されていることである。Bud Powellの全盛期同様,Charlie Parkerの演奏も,聞き流すことを許さない雰囲気があるのだが,ここでの演奏は,Parkerゆかりの曲をやりながら,Parkerに顕著なスピード感というよりも,総じてテンポはゆったりやっていて,結構なレベルのリラクゼーションを感じさせるところが心地よい。

Parkerの音楽に聞かれる凄みのようなものは感じさせないとしても,これはこれで十分レベルが高いと思わせるが,それがリズムの二人がGeorge DuvivierとArt Taylorという,どちらかというと穏健(笑)な人たちだったからという気がしないでもない。丁度いい感覚と言ってわかって頂けるだろうか。それでも,そこかしこにBud Powellの手癖のようなものが顔を出すので,当たり前のことだが,Bud PowellはどうやってもBud Powellであったということを認識させられる。

あまり注目されることのないアルバム(そう思っているのは私だけ?)であるが,聞き逃すには惜しい作品と思える。星★★★★。

Recorded on October 14 & December 2, 1957 and January 30, 1958

Personnel: Bud Powell(p), George Duvivier(b), Arthur Taylor(ds)

« お約束通り,今日は"Massacre"である(笑)。 | トップページ | ストレート・アヘッドなMike Sternもまたよしってことで。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65153961

この記事へのトラックバック一覧です: 全盛期からはずれたBud Powellもまたよしってことで。:

« お約束通り,今日は"Massacre"である(笑)。 | トップページ | ストレート・アヘッドなMike Sternもまたよしってことで。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)