最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 改めてEric Harland@Cotton Clubを振り返る | トップページ | 出張の友は「騎士団長殺し」と現代音楽(笑)。 »

2017年3月13日 (月)

ようやく見ることができた「マグニフィセント・セブン」

「マグニフィセント・セブン("The Magnificent Seven")」('16,米,MGM/Columbia)

Magnificent_seven監督:Antoine Fuqua

出演:Denzel Washington, Chris Pratt, Ethan Hawke, Vincent D'Onofrio, Bynug-hun Lee, Manuel Garcia-Rulfo, Martin Sensmeier, Haley Bennett, Peter Sasgaard

このブログにも何度か書いたと思うが,私は結構な西部劇好きである。日本のチャンバラ映画が好きなのと同じなのだが,西部劇そのものが全然流行らなくなった昨今においても,そういう映画が公開されれば,大概見に行ってしまうのである。この映画も例外ではないが,随分と見に行くのがぎりぎりのタイミングになってしまった。

タイトルからもわかる通り,「荒野の七人」のリメイクである。だが,キャスティングやらシナリオは現代の世相を反映しているとも言え,7人をスカウトする強い女性もいれば,今回の7人は多民族から構成されているのだ。そこに違和感があると言っては身も蓋もないが,まぁ固いこと抜きで見ればいいのである。私には,この映画がリリースされたのは先の選挙前とは言え,結果的には現米国大統領に対する強烈な皮肉にも思えるが(笑)。

この映画はストーリーも全然違うので,単純な「荒野の七人」のリメイクではないが,ある程度のオマージュは感じられる。Bynug-hun Leeのナイフ使いはJames Coburnの,そしてEthan HawkeのキャラはRobert Vaughnの前作でのキャラを受け継いでいる部分がある。それより,私が感じていたのが,マカロニ・ウェスタン,特に「ウエスタン」へのオマージュ感を強烈に感じていた。描写の激しさはマカロニそのものだし,Denzel Washingtonと悪役Peter Sasgaardの関係性然りである。

そうした意味で,古き佳き時代の西部劇とは異なるものであるが,これはこれでアクション大作として結構楽しんでしまった私である。結局のところ,私の西部劇好きは今でも変わらないってことだ。星★★★★。いずれにしてもDenzel Washingtonがカッコよ過ぎ。

« 改めてEric Harland@Cotton Clubを振り返る | トップページ | 出張の友は「騎士団長殺し」と現代音楽(笑)。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64993497

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく見ることができた「マグニフィセント・セブン」:

« 改めてEric Harland@Cotton Clubを振り返る | トップページ | 出張の友は「騎士団長殺し」と現代音楽(笑)。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)