2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« アイスランドのピアニストが生み出す素晴らしく美しいピアノの響き | トップページ | NYCに乗り込んだJulian & Roman Wasserfuhr兄弟 »

2017年3月21日 (火)

Gary Burtonの引退を惜しむ

GarymakotoGary Burtonが今月の小曽根真とのデュオ・ツアーを以て,音楽生活からの引退を発表した。先日,ほぼ同い年のChick Coreaの激烈なライブを見たばかりだけに,Gary Burtonの引退は解せない部分があったが,本人は「この2年間,演奏は極力抑制してくるとともに,60年に及ぶ演奏生活からいつ引退するかについてずっと考えてきた。しかし,健康上の理由もあり,今が新生活を始める適切なタイミングだった。」と語っているので,これは我々がとやかく言うべき問題ではないということになる。

しかし,昨年,出張時に見たBirdlandにおけるMack Avenue All Starsのライブでの演奏は素晴らしいものだったので,彼の4本マレットによる生演奏がもう見られないというのは,やはり惜しいと思える。その一方で,Gary Burtonが残したアルバム,業績は素晴らしいものであり,それはもはやレガシーの領域だと言ってもよい。

彼がライブの最後のパートナーに小曽根真を選んだのは,Chick Coreaが楽旅中だったからだということもあるだろうが,師弟コンビによる演奏で,音楽生活を締めくくるというのも,教育者としては「あり」の選択だったのかもしれない。

いずれにしても,Gary Burtonには感謝の念を示すとともに,お疲れさまでしたと言いたい。

« アイスランドのピアニストが生み出す素晴らしく美しいピアノの響き | トップページ | NYCに乗り込んだJulian & Roman Wasserfuhr兄弟 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/65045082

この記事へのトラックバック一覧です: Gary Burtonの引退を惜しむ:

« アイスランドのピアニストが生み出す素晴らしく美しいピアノの響き | トップページ | NYCに乗り込んだJulian & Roman Wasserfuhr兄弟 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)