2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作 | トップページ | こんなCDもありました:Neil Swainsonの"49th Parallel" »

2017年2月14日 (火)

Velentine's Dayには"My Funny Valentine"

"My Funny Valentine" Miles Davis(Columbia)

_20170212バレンタイン・デーというイベントには全く興味がない,と言うよりも,なんでチョコレートやねん?という思いが強い私である。そもそもは男性から女性に何かを贈っても,逆でも全然かわまわない日であって,恋人,あるいは愛し合う人たちが愛を深めればいい。そういう思いは,"My Funny Valentine"の歌詞にこそ表れていると思うが,まぁ固いことは言うまい。

ってことではあるが,Valentine's Dayにはやっぱりこれよってことで,Milesのアルバムを久しぶりに聞いた私である。我ながらベタなチョイスと言われれば,反論の余地はない(苦笑)が,一言で言えば,これこそビター・スウィートの極みって感じの演奏である。同じ"My Funny Valentine"でも,ミュートで吹いた"Cookin'"と,オープンで吹いた本作の演奏では大きな違いがある。"Cookin'"がリリシズムだとすれば,こちらは私にはハードボイルドに聞こえる。

同じタイミングで吹き込んだ"'Four' & More"が息つく暇も与えない強烈なアクション映画だとすれば,本作はフィルム・ノワールの世界のようにも思えるが,本当にこのアルバムを久々にプレイバックしてみて,「大人の世界」に浸ってしまった気がした。ちゃらちゃらしたところはない。ここでの"My Funny Valentine"を聞いて,これってラブソング?って思ってしまうぐらいである。このアルバムが吹き込まれたのは2/12だったので,バレンタイン・デーに近いところで,愛を語らう恋人たちも会場にいたはずだが,彼らがこの演奏を聞いてどう思ったのか?愛は深まるのか?その前に感動してしまうか。

このダークな雰囲気でこの曲をやられてしまえば,この曲の解釈としてはどうなんだという指摘も出てくるかもしれない。しかし,やはりこれが強烈な名演であることには疑問の余地はない。"My Funny Valentine"のみならず,全編に渡って,Milesのバラッド表現の素晴らしさを堪能した私であった。ベタなチョイスであろうがなかろうが,聞いてよかったわ~。ってことで,星★★★★★以外はありえまい。今更ではあるが,素晴らしい。

Recorded Live at the Philharmonic Hall, Lincoln Center on February 12, 1964

Personnel: Miles Davis(tp), George Coleman(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds)

« ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作 | トップページ | こんなCDもありました:Neil Swainsonの"49th Parallel" »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64883901

この記事へのトラックバック一覧です: Velentine's Dayには"My Funny Valentine":

« ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作 | トップページ | こんなCDもありました:Neil Swainsonの"49th Parallel" »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)