2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。 | トップページ | Karen Beth:日本っていうのはいろんなCDが手に入るねぇ。 »

2017年2月17日 (金)

今更ながら,本当にいいアルバムだと思える"Songs in the Attic"

"Songs in the Attic" Billy Joel (Columbia)

_201702111970年代後半から1980年代前半が,アーティストとしてのBilly Joelのピークだったと思えるが,ミュージシャンとしての人気がブレイクしている時に,それまであまり知られなかった曲を集めたライブ盤という,コンセプト・アルバムである。現在,私が保有しているBilly Joelのアルバムはベスト盤を除けば,本作と"The Stranger"だけという感じだが,やはり最も脂の乗っている時期に,こうしたレパートリーで構成された本作の位置づけは非常に重要だと思える。

とにかく,大ブレイクする前のアルバムからの曲とは言え,そこそこは売れていたものであったとしても,改めてここに収められた曲のクォリティの高さは驚異的だと言ってよい。1980年6月~7月の各地での演奏を集めたものだが,当初から,こうしたアルバムをプロデュースするために録音していたと考えて然るべき見事なライブ盤。このクォリティを前にしては,多言は無用。傑作である。星★★★★★。

Recorded Live in June and July, 1980 at Varous Locations

Personnel: Billy Joel(vo, p, synth, hca), Liberty DeVito(ds, perc), Doug Stegmeyer(b), Russell Javors(g), David Brown(g), Richie Connata(sax, fl, org)

« 来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。 | トップページ | Karen Beth:日本っていうのはいろんなCDが手に入るねぇ。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64879710

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら,本当にいいアルバムだと思える"Songs in the Attic":

« 来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。 | トップページ | Karen Beth:日本っていうのはいろんなCDが手に入るねぇ。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)