最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 超懐かし~:"Frampton Comes Alive!" | トップページ | Ondřej Štveráčekの新作がチェコより到着 »

2017年2月25日 (土)

出た!久々のRalph Townerのソロ・アルバム

"My Foolish Heart" Ralph Towner(ECM)

_20170221私が贔屓にしているミュージシャンは結構いるが,その中でもRalph Tonwerはトップ5に入れられるミュージシャンだと思っている。自分が多少ギターを弾くということもあるが,この人のギターの響きは私の琴線にいつも触れてくるのである。

そんなRalph Townerが久々に放つソロ・アルバムである。ソロ・アルバムは2006年リリースの"Time Line"以来であるから10年以上が経過している。まぁ,その間にもPaolo FresuとのデュオやWolfgang Muthspiel,Slava Grigoryanとのギター三重奏のようなアルバムがあったから,そんなに久しぶりって感じはしないのだが,それでも"Diary"やら"Solo Concert"のようなソロ作品を長年愛してきたRalph Townerのファンとしては,ソロ・アルバムと聞いただけで反応してしまうようなところがあるわけだ。しかもアルバム・タイトルは"My Foolish Heart"である。

Ralph TownerはこれまでもBill Evansゆかりの曲を演奏してきた。それはRalph TownerによるBill Evansへのシンパシーの表れということだろうが,楽器は違えども同質のリリシズムを発揮するところに私は魅かれているのだと思う。ライナーにもRalph Townerも書いているが,Bill Evans~Scott LaFaro~Paul Motianのトリオは,Ralph Tonwerにとってもインスピレーションの源泉なのである。

このアルバムはタイトル・トラックを除いて,Ralph Tonwerのオリジナルであるが,これがまた粒ぞろいの佳曲群である。今回の新作に合わせて,久しぶりにソロによる前作"Time Line"を聞いてみたのだが,ややアブストラクトな感覚の曲もあった"Time Line"に比べて,本作収録曲はメロディ・ラインが明確なものが多いように感じさせる。そのため,リリカルでありながらも,より明るい印象を与えるが,やはりこのアルバムを聞いていて,私はRalph Townerというミュージシャンが好きなのだということを再認識させられた。我ながら単純だと思いつつ,今回も見事にしびれさせられてしまったのである。まさにOne & Onlyだと言ってもよい世界だが,クラシック・ギターが主力ながら,やはりこの人の12弦ギターの響きは独特であり,もっと12弦を弾いてくれとさえ思ってしまう。

いずれにしても,今回もこの人のギターの響きを堪能させてもらった私である。久々感のおまけ感覚もあり,星★★★★★としてしまおう。やっぱりええですわ~。

Recorded in February 2016

Personnel: Ralph Towner(g)

« 超懐かし~:"Frampton Comes Alive!" | トップページ | Ondřej Štveráčekの新作がチェコより到着 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

最近はLP化を意識してか、40分台の収録時間のものが多くなりましたけど、ラルフ・タウナーのソロとしては、それでも十分かもしれないなあ、と思うようになりました。十分表現しきっているし、彼らしいアルバムに仕上がったなあ、という気持ちです。

TBさせていただきます。

910さん,おはようございます。TBありがとうございます。

Ralph TownerはどうやってもRalph Townerであるということは当たり前のようではありますが,見事なまでに確固たるスタイルを築いてしまってますよねぇ。今回も堪能させてもらいました。

そろそろ来日もして欲しいところですが,やるならどこかなぁ?なんて考えています。Cotton Clubなんていいと思いますけどねぇ。

閣下、トラバをありがとうございました。

美しく、穏やかな音楽しか聴きたくない時にはぜひ!って、感じです。
最後の最後まで粒の揃った美しい音で彩られた空間でした。
個人的にはいろいろあったので、沈む心にも心地よく響く音風景だと思い「真摯で敬虔な祈りにも似た空間」という言葉が浮かびました。

トラバしますね!

Suzuckさん,おはようございます。TBありがとうございます。

Ralph Townerの音楽って,美しくも穏やかにしかなりようがないって話もありますが,これも本当にいい作品でした。刺激のある音楽もいいですが,リリシズムに身を委ねられることも時に必要ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64923309

この記事へのトラックバック一覧です: 出た!久々のRalph Townerのソロ・アルバム:

» My Foolish Heart/Ralph Towner [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの新譜がまた届いています。すいません、このところ忙しくてなかなか聴く時間が [続きを読む]

» 敬虔な祈りにも似た空間 『My Foolish Heart / Ralph Towner』 [My Secret Room]
美しく穏やかな音楽しか聴きたくなくて、、選んだのはラルフ・タウナーの新譜です。ギ [続きを読む]

« 超懐かし~:"Frampton Comes Alive!" | トップページ | Ondřej Štveráčekの新作がチェコより到着 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)