最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 改めてKevin Hays@Cotton Club東京を振り返る。 | トップページ | Sara Gazarek:どうして買う気になったのかは覚えていない(爆)。 »

2017年2月10日 (金)

今年も出たJeremy Peltの新作。

"Make Noise!" Jeremy Pelt(High Note)

_20170205律儀なまでに年1作のペースで新作をリリース(それも毎年1月後半と大体決まっている)するJeremy Peltが,今年も新作をリリースした。前作はワンホーンのアコースティック路線であったが,本作もパーカッションは加わるものの,ワンホーンは継続している。しかし,メンツは全面入れ替えということで,なぜこうなるのかはよくわからないし,今回のメンツがレギュラーとなるのかもよくわからない。しかし,ネットで検索していると,昨年,Jeremy Pelt New Quintetとしてライブをやったメンツと同じなので,これからはこのクインテットで演奏していくということなのかもしれない。

以前,Jeremy Peltが率いていたクインテットに比べるとやや小ぶりかなぁって気はするが,それでもピアノのVictor GouldはDonald HarrisonやWallace Roneyとの共演歴があり,ドラムスのJonathan BarberはJ.D. Allenとのレコーディングやら,昨年はNY在住ピアニスト,早間美紀と来日もしているようである。パーカッションのJacquelene Acevedoという人はよくわからんが,ベースのVicente ArcherはDanny Grissettのアルバム等でお馴染みである。

そうしたメンツによる音楽は,ストレート・アヘッドで,なかなかスリルもあっていい感じの仕上がりになっている。まぁ,パーカッションが入ることを好む人と,好まない人には分かれるだろうが,ここではアクセントとしてはそんなに悪くないという印象を与える。

曲としてはほぼJeremy Peltのオリジナルで占められており,例外は前々作で鋭いピアノを聞かせたSimona Premazziの1曲と,"Make Noise!"と"Evolution"のイントロとなっているAcevedoとBarberのソロである。全体的には,曲によって緩急をつけたものとなっているが,私としてはどちらかというと,スピーディに鋭い切れを示す曲の方が好みではあるが,バラッド表現も悪くはない。やはり継続的にフォローするに値するミュージシャンだとは思うが,このバンドの成果は次の1作を聞いてからでもいいような気がする。ということで,星★★★★。それにしても,なんのこっちゃ?だった前作のジャケと今回のジャケのテイストの違いが大き過ぎるよなぁ。

尚,このバンドのBlue Note Milanoでの演奏の模様があったので,映像を貼り付けておこう。

Recorded on September 9, 2016

Personnel: Jeremy Pelt(tp), Victor Gould(p), Vicente Archer(b), Jonathan Barber(ds), Jacquelene Acevedo(perc)

« 改めてKevin Hays@Cotton Club東京を振り返る。 | トップページ | Sara Gazarek:どうして買う気になったのかは覚えていない(爆)。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64854700

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も出たJeremy Peltの新作。:

« 改めてKevin Hays@Cotton Club東京を振り返る。 | トップページ | Sara Gazarek:どうして買う気になったのかは覚えていない(爆)。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)