最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Enrico Pieranunziの新作はクラシックをモチーフにしたトリオ・アルバム。 | トップページ | Velentine's Dayには"My Funny Valentine" »

2017年2月13日 (月)

ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作

"Point and Line" 児玉桃(ECM New Series)

_20170212_3_2日本のピアニスト,児玉桃がECMからアルバム"La Vallée Des Cloches"をリリースした時には,その年のベスト盤の1枚に選出するほど,優れたアルバムだと思った(記事はこちら)。そのレパートリーが非常に私の好みだと思ったが,ピアノの響きに身を委ねたいと思ったことは今でも記憶に新しい。

その児玉桃がECMから第2作となるアルバムをリリースすると知った以上,これは買わないわけにはいかないし,聞かないわけにもいかない(きっぱり)。ということで,デリバリーされたものを早速聞いたのだが,これが非常にユニークな作りではあるが,前作同様に優れたピアノ作品になっていて,嬉しくなってしまった。

今回の作品の特徴はドビュッシーと日本の現代音楽作曲家,細川俊夫の"Etude"が交互に出てくるというのが,まずユニークなところである。まぁ,これがバッハと細川俊夫が交互に出てくれば,私も頭を抱えたかもしれないが,近代作曲家と言ってよいドビュッシーと,細川俊夫ならば,それほど違和感はない。むしろ,ここで想定されているのは,二人の作曲家の作品を並列させながら,それを一つの組曲のように成立させようという試みのように思える。

ライナーに児玉桃も書いているように,ドビュッシーの「エチュード」はその番号にかかわらず,単体でも,組み合わせで弾いてもいいという自由度の高いものであり,このアルバムでもそうした考え方に基づいて配置されている。それらに挟み込まれるのが細川俊夫の「エチュード」ということになる。作曲されたタイミングにはほぼ100年近い違いがある二人の作曲家の作品を相互に連動させて,一枚のアルバムを構成させるというのが本作の狙いとすることは,児玉桃とECMの総帥,Manfred Eicherの合意のもとに行われており,それがいかにもECMらしいと思わせるところであり,そして見事な成果になっていると思う。

私が現代音楽のピアノ作品が好きだということもあるが,今回のこの作品もドビュッシーのエチュードという,ドビュッシー最晩年の作品と,児玉桃自身が初演者となっている曲を含む,細川俊夫作品の意表を突いた組み合わせによって生み出される美しい響きに改めて身を委ねたくなった私である。これはもはや私のツボにはまった音楽である。星★★★★★。

Recorded in January 2016

Personnel:児玉桃(p)

« Enrico Pieranunziの新作はクラシックをモチーフにしたトリオ・アルバム。 | トップページ | Velentine's Dayには"My Funny Valentine" »

ECM」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

ECM New Seriesばかり何百枚もクラシック/現代音楽を聴いてきましたが、相変わらずクラシック/現代音楽耳になりきってません。ただ、この人のピアノは選曲その他弾き方もあるのでしょうけど、けっこう好きな部類です。うまく表せないけど、個性的ですね。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

現代音楽って結構敷居が高いと思いますが,ECMのおかげで,こういう音楽が聞かれる機会が増えたってところが素晴らしいと思います。今回はドビュッシーもやっていますから,ハードルは低いとは言え,細川俊夫と組み合わせるっていうセンスは普通ではないです(笑)。それでもこれは好きですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64885370

この記事へのトラックバック一覧です: ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作:

» Point And Line/Momo Kodama [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの新譜2枚目はECM New Series。邦題「点と線」。数少ない日本人 [続きを読む]

« Enrico Pieranunziの新作はクラシックをモチーフにしたトリオ・アルバム。 | トップページ | Velentine's Dayには"My Funny Valentine" »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)