2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Velentine's Dayには"My Funny Valentine" | トップページ | 来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。 »

2017年2月15日 (水)

こんなCDもありました:Neil Swainsonの"49th Parallel"

"49th Parallel" Neil Swainson Quintet(Concord)

_20170211_2保有していることはわかっていても,すぐに取り出し可能な一軍の棚からはずれたCDの収納場所はたまにしか見ることがないのだが,それでも比較的取りやすい場所に置いてあるので,たまに聞いてみようという気持ちになるものである。本作も,たまたま目についたので久しぶりのプレイバックとなった。

本作は何と言っても,Woody ShawとJoe Hendersonというフロントが購入のポイントであったことは間違いないところだが,いかんせんジャケがいけていないので,聞こうって気がなかなか湧いてこないというアルバムである。しかし,87年5月という,Woody Shawにとってのスタジオ録音作としては最後期に位置づけられるものであり,やはりこれは聞いておかねばと思わせるものである。

フロントの2人以外はカナダ人の面々であるが,演奏自体はおおむね快調である。ピアノを弾いているGary Willimasonの名前は,ほかでは聞いた記憶がないが,ドラムスのJerry FullerはPaul Desmondとの共演でよく知られている。全6曲中,5曲はリーダー,Neil Swainsonの作曲,最後の"Homestretch"のみジョーヘンのオリジナルであるが,変わったことは全然やっておらず,コンベンショナルな中にも,結構躍動感のある演奏と思える。だからと言って,無茶苦茶いいというほどではないとも思うが,まぁ保有していても損はない(笑)。

それにしてもWoody Shawである。このアルバムには"This recording is dedicated to the memory of Woody Shaw."と書かれているので,リリースはWoody Shawの死後ということになるが,44歳での早逝はあまりに惜しいと思わせる演奏である。星★★★★。

Recorded in May 1987

Personnel: Neil Swainson(b), Jerry Fuller(ds), Joe Henderson(ts), Woody Shaw(tp), Gary Williamson(p)

« Velentine's Dayには"My Funny Valentine" | トップページ | 来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64880282

この記事へのトラックバック一覧です: こんなCDもありました:Neil Swainsonの"49th Parallel":

« Velentine's Dayには"My Funny Valentine" | トップページ | 来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)