2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« これまた久しぶりに聞いたTete Montoliú,そしてどこへ行ったか,Harper Brothers? | トップページ | Charles Lloyd@Blue Note東京 »

2017年1月13日 (金)

武田和命:心にしみる名バラッド集「ジェントル・ノヴェンバー」

「ジェントル・ノヴェンバー」 武田和命(Frasco)

_20170109武田和命と言えば,基本的には山下洋輔トリオ+1の一員としての活動にスポットライトが当たることが多いのは当然であるが,そこで激しいフリー・ジャズを展開していた武田和命がバラッドに取り組むとどういうことになるのか,そして,その伴奏を山下洋輔や森山威男というフリーの闘士のような人たちが務めることの結果やいかに?と思ってしまうのが人情である。

しかし,このアルバムは,そうしたありきたりの関心事なんてどうでもいいと思わせるぐらいの,優れたバラッド・アルバムになっていることに驚かされるに違いない作品である。そもそもフリー・ジャズをやっているミュージシャンは,闇雲に無茶苦茶にやっているわけではなく,ちゃんと楽理を理解し,楽器もちゃんと弾けることが前提でありながらフリーをやっているので,真っ当な演奏をしようと思えばできることは当たり前である。だが,それを「お仕事」としてこなすことだってできるわけだが,このアルバムはそうしたレベルははるかに越えていると言いたい。

とにかくここでの武田和命の吹きっぷりは堂々たるもので,フリーの「ふ」の字も感じられないし,山下洋輔以下のリズム・セクションも楚々とした伴奏で武田を支えている。私はここでの国仲勝男のベースの音の良さに驚かされるとともに,山下洋輔がこうしたピアノを弾いてしまう(しかもプロデュースも山下である)というところに,その男気を感じてしまうわけだ。主役たる武田和命を立てるということでは,これほど見事な助演ぶりもないというところである。

そして,何よりも,ここでの武田和命のテナーを聞いていれば,Coltraneゆかりの曲を中心とした前半と,武田のオリジナルを集めた後半の全編を通じて,本当に優れた演奏が展開されていることがわかるだろう。Coltraneの"Ballads"に倣い過ぎではないのかという批判もあるかもしれないが,日本人テナー奏者が,これほどのビター・スウィート度を生み出していることを我々は素直に喜ぶべきではないかと思う。

私が保有しているのは,山下洋輔のFrasco時代の音源を集めたボックス「ピアニストを聴け!」の一部としてなので,このアルバムを聞く機会は実はそれほど多くはないのだが,それでも久しぶりに聞いて,これはまじで凄い演奏だったのだなぁと改めて思ってしまった。星★★★★★。

このアルバム,それほど多くの人の耳に触れていない可能性もあるが,一度聞けば,このアルバムの魅力は理解できると思える。未聴の方には是非一聴をお勧めしたい。私は私で,ほかにも保有している武田和命の音源を改めて聞いてみることにしよう。

Recorded on September 20 & 21,1979

Personnel: 武田和命(ts),山下洋輔(p),国仲勝男(b),森山威男(ds)

« これまた久しぶりに聞いたTete Montoliú,そしてどこへ行ったか,Harper Brothers? | トップページ | Charles Lloyd@Blue Note東京 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64743416

この記事へのトラックバック一覧です: 武田和命:心にしみる名バラッド集「ジェントル・ノヴェンバー」:

« これまた久しぶりに聞いたTete Montoliú,そしてどこへ行ったか,Harper Brothers? | トップページ | Charles Lloyd@Blue Note東京 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)