2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ダウンロード・オンリーと思ったら,ディスクも出たRachael Yamagataの"Acoustic Happenstance" | トップページ | John Legendの新作がようやく到着。やっぱりいいんだけどねぇ...。 »

2017年1月30日 (月)

忘れないうちにKendrick Scottのライブの模様を振り返ろう。

_20170129_2先日行ったCotton ClubにおけるKendrick Scott Oracleのライブの模様を振り返っておこう。前回はBlue Noteへの出演であった彼らだが,スケジュールが合わず行けなかったはずである。その前にはCotton Clubに出たのだが,その時はやんごとない理由により,演奏が始まる前に会場を去らねばならなかったことは,戦利品のページにも書いた。つくづく縁がないなぁと思っていたのだが,今回ようやく彼らのライブを見ることができた。

今回は通常レギュラーのJohn Ellisに代わってBen Wendelがトラで入っていたが,Cotton Clubのサイトで公開されているライブ映像を見てもらえばわかる通り,大きな影響はない。とにかくこの人たちの演奏は,これぞコンテンポラリー・ジャズって感じ(一部,コンベンショナルに響く部分もあるにはあったが,基本はコンテンポラリー)の音がするわけだが,とにかくメンバーの質が高い。昨今はドラマーがリーダーもコンポーザーも兼ねるというパターンが増えたが,このOracleも,リーダーシップよろしく,見事な演奏を展開したと言ってよい。

Kendrick Scottのドラムスは切れ味もよく,更にはマイクを握ってスキャットしながら,スティック1本でドラムスを叩くという技まで披露しながら,バンドをプッシュする力量は完璧。そして驚かされたのがMike Morenoのギターの素晴らしさ。音と言い,フレージングと言い,これまた大したもの。そしてTaylor Eigstiのピアノも実力あるわ~と思わせるに十分なものであった。Joe Sandersのベースはやや控えめではあったが,ベース・ソロなんてこれまた全く侮れないものであった。Ben Wendelもそもそもコンテンポラリー系なので,バンドへのフィット感はある人なのである。

_20170129こうした面々がバンドとして演奏した時の総合的な力量も凄いが,各人の実力も十分発揮された好ライブ。私は冒頭の"Be Water"から完全に彼らの演奏に参っていたと言っても過言ではない。ということで,今回は,前々回,サインだけもらっておいてもらった前作"Conviction"と,Mike MorenoのCDの画像を戦利品としてアップしておこう。本当にレベル高いわ。

Live at Cotton Club東京 on January 23, 2017

Personnel: Kendrick Scott(ds, vo), Ben Wendel(ts), Taylor Eigsti(p), Mike Moreno(g), Joe Sanders(b)

« ダウンロード・オンリーと思ったら,ディスクも出たRachael Yamagataの"Acoustic Happenstance" | トップページ | John Legendの新作がようやく到着。やっぱりいいんだけどねぇ...。 »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64823449

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れないうちにKendrick Scottのライブの模様を振り返ろう。:

« ダウンロード・オンリーと思ったら,ディスクも出たRachael Yamagataの"Acoustic Happenstance" | トップページ | John Legendの新作がようやく到着。やっぱりいいんだけどねぇ...。 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)