2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 今年最初のECMレーベルはJohn Abercrombieの新作。 | トップページ | これまた久しぶりに聞いたTete Montoliú,そしてどこへ行ったか,Harper Brothers? »

2017年1月11日 (水)

今日の温故知新(笑):"Kelly at Midnite"

"Kelly at Midnite" Wynton Kelly (Vee Jay)

Kelly_at_midnite私は現在,一体どれぐらいCDを保有しているかは数えたこともないし,数える気にもなれないのだが,ストリーミングの進展に伴って,CDの購入枚数は確実に減って言るとは言っても,枚数が増え続けていることは間違いない事実である。

こういう状態であるから,家人には,「死ぬまでに一度も聞かないCDもいくらでもあるでしょ。」と言われてしまうのだが,言われっぱなしも悔しいので(苦笑),たまには温故知新にも取り組むということで,ラックから抜き出してきたのが本作である。

Wynton Kellyと言えば,やはりMiles Davisとの共演や,Wes Montgomeryとの"Full House"等の印象が強くて,リーダー作はそんなに聞かないタイプの人である。それでも私は本盤に加えて,何枚かアルバムは保有しているが,どちらかと言えば,脇でこそ光るが,リーダーとしてもそれなりって感じが強い。だからと言って,このアルバムがいけていないということではなく,いかにもジャズっていう感じのジャケット,サウンドであるから全然文句はない。もちろん,ジャズ史に燦然と輝く大名盤という評価には値しないだろうが,だからと言ってこれを聞いて面白くないっていう人がいれば,その人はジャズ耐性がないってことだろう(笑)。

いずれにしても,この録音の段階で,Wynton Kellyは28歳ということを考えれば,若くして完成していたミュージシャンということになるが,このスイング感に溢れつつ,メロディアスなソロというのはなかなかできるものではないし,ありとあらゆるジャズ・ピアニストの規範となりうるものという風に感じる。久しぶりに聞いて,やっぱりWynton Kellyっていいよねって思ったってことで,星★★★★。

Recorded on April 27, 1960

Personnel: Wynton Kelly(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)

« 今年最初のECMレーベルはJohn Abercrombieの新作。 | トップページ | これまた久しぶりに聞いたTete Montoliú,そしてどこへ行ったか,Harper Brothers? »

ジャズ(2017年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64737091

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の温故知新(笑):"Kelly at Midnite":

« 今年最初のECMレーベルはJohn Abercrombieの新作。 | トップページ | これまた久しぶりに聞いたTete Montoliú,そしてどこへ行ったか,Harper Brothers? »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)