最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 心和ませるLars Janssonのセルフ・カヴァー集(新曲もあり)。 | トップページ | 出張中に見た映画(16/11編):最終回は「二つ星の料理人」 »

2016年12月 2日 (金)

ECM「積んどく」シリーズの3枚目はMarkus Stockhausen & Florian Weber。

"Alba" Markus Stockhausen & Florian Weber(ECM)

AlbaECMの未聴盤掘り起こしシリーズの3枚目である。春ごろに出たアルバムを今頃取り上げているのもなんだかなぁ...。それはさておき,Markus StockhausenはECMにも何枚かアルバムを残しているが,ECMからのリリースは2000年に出た"Karta"以来のことだから,随分と久しぶりになったものだ。

今年出たECM作品では同じ編成でのWadada Leo SmithとVijay Iyerのデュオってのがあったが,随分と感じが違うと思わせるのが,いかにもECM的である。静謐と躍動をうまくミックスしながら,想定以上にメロディアスだったのが新鮮であった。Karlheinz Stockhausenの息子だけに,こっちが身構えているだけって話もあるが(笑),こんなラッパだったっけ?と思ったのも事実である。

しかし,それ以上に効いていると思わせるのが,Florian Weberのピアノである。この人の名前はどこかで聞いたことがあるが,このブログの記事にはしていないので,勘違いかもしれないが,なかなかのテクニックを持った美しいピアノを弾く人である。タッチもクリアで,この人の実力は侮れないと思った。

いずれにしても,これって典型的なECMサウンドと言ってもよい作品であり,昔からのファンでもこれは結構嬉しくなる作品である。せっかくだからMarkus Stockhausenの作品を聞き直してみるか。いかに自分がちゃんと聞いてないかバレバレになりそうでこわい...。いずれにしても,抒情性もあって,これは好きだなぁ...。もっと早く聞いておけばよかった(爆)。星★★★★☆。

Recorded in July, 2015

Personnel: Markus Stockhausen(fl-h, tp),Florian Weber(p)

 

« 心和ませるLars Janssonのセルフ・カヴァー集(新曲もあり)。 | トップページ | 出張中に見た映画(16/11編):最終回は「二つ星の料理人」 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2016年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

このデュオもけっこういいですよね。私もマーカス・シュトックハウゼンが今になってECMで名前が出てきたのが意外だったのですが、2人の安定した叙情的な演奏を聴くことができました。ピアノもECMでははじめてながらいい演奏だし、気に入ってしまったうちの1枚です。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

Markus Stockhausenは現役でレコーディングはしていたようですが,ECMは久しぶりですよね。改めて,今"Karta"を聞いているんですが,抒情性が間違いなく増していると思いました。

いずれにしても,非常にいい演奏で,寝かせていたのを悔やみました(爆)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/64560050

この記事へのトラックバック一覧です: ECM「積んどく」シリーズの3枚目はMarkus Stockhausen & Florian Weber。:

» Alba/Markus Stockhausen/Florian Weber [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き5日目で一段落。今回は急にホームページの移転作業にともなう [続きを読む]

« 心和ませるLars Janssonのセルフ・カヴァー集(新曲もあり)。 | トップページ | 出張中に見た映画(16/11編):最終回は「二つ星の料理人」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)